人気ブログランキング |

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

あるいて あるいて あるいて あるいてる

あるいて あるいて あるいて あるいてる_d0065558_22242481.jpeg
最近 まいにち まいにち 朝と夕方に 犬と歩いている。
犬の綱を外して自由に歩かせられる、車も人通りもほとんどない、
日中でも木漏れ日になるような緑に囲まれた場所が近くにある。
起きられなかったり、なんやらかんやらで、いつもより遅い時間になると、太陽の位置も違うし、草木の匂いも全然ちがう。
早い時間にいくほうが、だんぜん、気持ちいい。

まいにち まいにち 歩いていると
知り合いになった気の合う犬づれの人と一緒に歩きながら、木や葉っぱのことを教えてもらったりしたり。
バナナの木も沢山あって、ツルの草花なんかは、この高い湿度と気温のなかで、ものすごい勢いで地面をおおいつくしてアスファルトの歩道まで進出してきている。

香港のラジオを聴きながら、とりあえず今日のニュースもチェック。
あるチャンネルでは、時々、一人は広東語を喋ってもう一人は北京語を喋って会話している。すごい香港っぽい。

まいにち まいにち おんなじ道をとおりながら
まいにち まいにち おんなじような人とすれ違いながら

ときどき その単調さに耐えられなくなって、行ったことのない道、草木で覆われてそうな道に行ってみたりする。

どこに続くのかわからず歩く緑の中の中を歩くのは不安だ。
入っていっていい場所なのかもわからないし。
怒られる理由は自分の中でないはずなのに、ちいさなビレッジの中の道を通る時は、よそ者、だと見られてるような感じもして、ちょっと不安になる。

自分の犬を他の犬と触れ合わさせたくない人には、自分の犬がいかないように気をつかう。
犬同士が遊んでも、私がなでなでしても気にしない犬と人もいる。
でも、私がなでなでしてた犬が、ある日いきなり顔見知りの犬の耳を噛みちぎってしまい、12歳にして片耳になってしまった子の話とか
おしっこが我慢できなくて、一日7回くらい、短い時間でも散歩に行かなきゃいけないすっごい可愛い2歳のイタリア犬とか
いろんなトレーニングに散々さんかしてきたのに、いまだに飼い主を噛む5歳のオトナ犬とか。

昨日はレモングラスのような匂いのする葉っぱを教えてもらった。
すっごく爽やかないいにおい。はっぱを匂いながら歩く。

今日は、Only Inspection Purposeの人しかこの先は行っちゃダメ、と書いてあるちいさい丘に入っていくような道に行ってみた。
おととい、その道から降りてくる人をみかけたのだ。
へー、そんなところに道、あるんだ、って。

9月にはいってちょっとだけ涼しい。
道はけっこうちゃんとあって、草木で覆われてなくて、そこを抜けると、大学に通じる車が通る道にでた。
あー、そういうことか。ずっと前、大学内を運行しているバスに乗った時、この近くの建物まで来たことがあるな、
そうか、あそこがあの時あの人と行った眺めのいいカフェか。
なるほどねー、そうつながってるんだ。
あのカフェに行った時は、まさかこんなスピンオフした誰も歩かないような道をみつけて、犬と歩いてるなんて、全く想像もしていなかった、あたりまえだけど。

視界は突然開けたり
点と点が繋がって、いきなりいろんなことがふに落ちたりする。

人生で、いま 自分 なにしてるんだろうな どうなっちゃうんだろうな って分からずあるいて あるいて 歩き続けるのは不安だけれど
ましてや、荷物があって走りたくても走れない とか ジャンプできないとか 思い込んでたりしたてたり。

だからどう、とうのはないんだけど
今日はそうやって ちょっと違う道にいって違う空気をすっているときの その奇妙なというか、ワクワクしつつ不安で、でも燃え立つような緑のエネルギーを感じながら、それに飲まれそうな怖さと畏敬の念を感じながらあるいた その感覚をシェアしたかったんです。

ではまた!
あるいて あるいて あるいて あるいてる_d0065558_22250805.jpeg

# by totoatsuko | 2020-09-09 22:22 | Comments(0)

死についてはなすこと

死についてはなすこと_d0065558_21521832.jpeg
死について、それに関してどんな気持ちでいるかを話すことは
ある人にとっては意味があることだと思う。
話すことで、つねに変わりつつける死に対する気持ち事態が変わったり
自分の知らなかった気持ちに自分で気づいたりして、日々の過ごし方相手との関わり方がかわっていく。

死に向かっている人がその人のとても親しい人と、
自分のちかづいてくる死にまつわるいろんな気持ち(考えのみならず、気持ち)をシェアし
その親しい人の、大事な人を失っていくことにまつわる気持ちを本人とシェアするのは

とても深い会話を産み、深い感情体験をし、日常では体験し得ない経験をする。

感情に向かい合う、ってすっごいしんどいことだし
それを大事な人と話し続けていく というのは またそれも大変な作業だ。
行く人、あるいは残される方が、どちらかが話したくても、どちらかがそんな話をいろんな理由でしたくなくて、
まったくことなる会話のほうへ話がそれていく。

それは辛いだろう、そういう話をするのは。
無理にやっても意味がない。
でも、そういう話がしたいけどできない、という人もいる。
専門家に相談してみるといいかもしれない、
会話を深める手助けになるかもしれないし、
やっぱり、そんな話はしたいとは思っているけど、今自分はまだ深く行きたいわけではない、と気づくかもしれない。

安楽死関連の報道をちらりと読みながらいろいろおもう。
それを議論することすら許さない、というのは本人にとってものすごく辛いことではなかろうか。
You before me と 90才のパリジェンヌ という映画は、どちらも安楽死をとりまく本人と家族の話で、わたしは観て本当によかったとおもった。

生き続けることも、死んでいくことも、ほんとうにものすごいことだ。

# by totoatsuko | 2020-07-31 00:40 | Comments(0)

ポジティブであること

ポジティブであること_d0065558_00431839.jpeg

ポジティブでありつづけること
楽観的でいること
なんとかなる、となんとなくでも思っていられる状態

それって そういう状態のときはあたりまえの状態に感じてて深く考えないかもしれないけれど
一度 不安とか寂しさとか自己嫌悪、とかが自分の中で増幅してきたら
(いろんなことは不確定で今悔いってないこともあるけど、でも)ポジティブにあれる自分にもどるのは難しかったりする。

そんなとき
社会とか、学校とか、会社とか、人とか、自分の助けにならないもの、自分を突き落とすものたちから自分を切り離して
自分の中から聞こえてくる批判や自己嫌悪をケアしながら
もういっかい自分で自分をとりもどす時間と空間が必要なんじゃないかとおもう。

家族じゃなくて当然いいし、友達じゃなくてもいい
安心できる相手とか、ペットとか、音楽とか、好きなこととか。

何の生産性もないかもしれないけど、
生産性とかどうとかいう以前の大事なプロセスで、
ただ自分をそっとしておいてあげられる時間というか空間というか、そんなものに包まれて、息を吹き返したいですね。



# by totoatsuko | 2020-07-31 00:30 | Comments(0)

その存在

その存在_d0065558_23165001.jpeg
気づいていいるだろうか、その存在に。
大事にできているだろうか、私を、その存在を。


# by totoatsuko | 2020-07-14 23:16 | Comments(0)

辛さが身にしみる

辛さが身にしみる_d0065558_23382940.jpeg
なんか生きてることがつらいときって
生きていられることがありがたくて幸せ、だなんて思えないですよね。

生きてること自体が針のむしろのうえを歩かされてるように感じて
感覚を無感覚にしないと、生き続けられないような辛さ。

あるいは
毎日はぬるま湯(よりも温度低め)の浸かっているようで、すこし寒いけど、刺さる痛さに攻撃されている感じではない。
水風呂にずっと浸かっていてさむくて死んでしまいそう、というわけではない。
でも、いつ水の温度がもっと下がるかとか、
いつ水がなくなって寒い空気にさらされてしまうのか、とか、
そんないろんな不安がたくさんあって、
そういう気持ちに時々押しつぶされそうになったりして
時々、楽しいこととか嬉しいことがあるけど、そういう時間も気持ちもすぐなくなってしまって、
また鬱々とした状態に戻ってしまう。

なんでこんな風にしてまで生きてるんだろ、とか
いつまでこうしてないといけないんだろ、とか
ぐるぐる ぐるぐる。

どうしようか、ねぇ。





# by totoatsuko | 2020-07-08 22:07 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite