人気ブログランキング |

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

<   2019年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

かけがえのない存在

d0065558_16013559.jpeg
人を”生産性があるかないか”という基準で捉えているような発言がありますが
そんな考えのもとに事件を起こさなかった人たちの間でも、
似たような価値観を内心抱えている人はたくさんいるように思う。

ただいてくれるだけでかけがえのない存在 という感覚は言葉にし尽くせないものです。

自分自身がかけがえのない存在だ、という実感が感じにくい親子との関係の中で育ったのか。

ペットショップに行けば、血統書付きだったり、健康でまだ赤ちゃんで謂わゆる伸び代いっぱいで、”一般的にいう”完璧な子がいるのに
今のうちの子どもにとっては、
孤児で、6歳のおじさんで、虫歯だらけだったから11本も歯を抜かれてて、雑種で、持病もあって(6年も放置されて生きてきたから)お手とかも覚えそうにないこの子が

この子じゃなきゃいけない、この子がいる事で自分はハッピーで穏やかな気持ちになり、ただ安心して寝ている顔を見ているだけで嬉しくなる、
損得抜きにして、自分にとってかけがえのない存在、大事で大事でしょうがない存在
という風に接しているのを見て、自分たちも私にそう思われてるのだと繋がるといいな、と思います。

私が言っても止まらない喧嘩も
大きな声を出すと犬が怖がるからやめよう、と大事な存在を持つ事で自制心すら育まれている模様。

自分が子供の頃、私、というありのままの存在が私の親にとって”かけがえのない存在である” という言語として実感したことはなかったですが
被言語に体感している事が、言語につながって理解されると、相手との関係をより望む方向へ自分が舵を切っていけるような気がします。





by totoatsuko | 2019-02-13 23:07 | Comments(0)

犬がきてから

d0065558_16003503.jpeg
犬がきてから、我が家の話題は何かと犬がらみ、に。

A. 何で子ども虐待するんだろうね?こんなにかわいいのに。
B. んー、色々あるだろうけど信じられないくらい心に闇があるからだから出来ちゃうんだよね、そういうこと。
C. そういうことするのがあり得ない、って事がわからなくなってるってこと?
D. 犬は飼われてたらどんなに嫌でも逃げられないし、ほかの飼い主知らないから、そういうものだって思ってるんじゃない?
A. そう言えばドッグレスキューセンターに行った時、近づいてナデナデしたいのに逃げまくる犬がいたよね。殴られるって思ったのかな。
B. 愛情がわからないんじゃない? 関わるってことは殴られる、みたいな?

行政サイドの人たちの対応がまずかった、と
過去の教訓が生かされていない、と物凄い批判だけれど、
専門のトレーニングを受けていなければ、モンスターに関わってくる人とまともなやりとりができなくて当然
虐待を見抜けなくて、被虐待者を守れなくて当然。
医師じゃない人がレントゲン撮ったり、そこから症状を読み取れなくたって当然なように。

現場の人に別の専門領域を求めても、みんなが苦しくなる。
弁護士の設置も必要かもしれないが、虐待の加害者、被害者、どちらもケアできる専門家の価値を見出し、
しっかりとしたトレーニングシステムを日本で確立して、
事件が起きてからではなく、予防できる社会に向かっていけたら、と思う。





by totoatsuko | 2019-02-12 15:18 | Comments(0)

6歳の子、アダプトしました

d0065558_12190827.jpg今週はLuner calender、中国のカレンダーでお正月だったので、日本のお正月みたいに色んな事がおやすみでした。
時間があるので、念願の犬を、香港レスキュードックに行って、瞬時にフィーリングがお互いフィットした子をアダプトしました。ここには、沢山の犬がストリートや劣悪なブリーダーから救出されて集まって来ています。

推定年齢6歳のこの子、といっても人間でいうと40過ぎの中年ですが、レスキューされた時は、虫歯だらけで、血糖値も低く、この1ヶ月で歯を11本抜いて、手術を受けて、1回目のワクチンを接種したとか。こんなあどけない顔をしてどんだけ壮絶な人生歩いてきたのだか。。。

他にも、暗闇の中に長年キープされてたので目が飛び出て視力がないパグとか、耳から血がダラダラ出てる弱ってる子とか、近寄ると怖がって逃げまくる子とか。それぞれの犬のヒストリーが壮絶すぎて、子どもたちも疑問がいっぱい。

なんで犬が捨てられるの? から始まり、そもそも何でみんな犬をお店で買うの? e.t.c. 
人間の社会でも似たような事が日々起きている、そんな問題と結びつけて色んな話をしました。

本当は、生後2ヶ月の子も、6歳の子の遊び相手としてアダプトしたかったけど
赤ちゃんは6ヶ月くらいになるまで2時間おきの世話が毎日必ず必要、と言われ、それは休暇が終わると無理なので、泣く泣くギブアップ。

家に連れて帰って来て、安心しきって膝の上で寝ているこの子をみていると、1匹の命だけでも救うことに貢献できてよかったと思うと同時に、社会の歪みをリマインドさせられます。

くしくも、子供が、The humanbeing themselves are pollution for the Earth という出だしで学校の宿題を書いています。車に乗って二酸化炭素排出して、溶かせない界面活性剤が入っているソープで皿を洗って、木を切って紙を作って、、、どうやったら地球と共存を存続させる事ができるのか。大きなテーマですが、そういうことを自分ごととして意識するのが当たり前な人が増えたら、色んな事が変わって行くんじゃないかな、と思いながら、子どもと色んな話をしています。


by totoatsuko | 2019-02-08 12:42 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite