人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

なかなか出来ない引き算

ケミカルたっぷりな食生活をしている両親に(そういう食生活が悪い、と言いたいのでは決してない。ただ、私とは違う食のスタイルだという記述なので、どうぞ誤解なさらずに。)、私たちが口に入れるものだけでいいから、ケミカルフリーにして欲しいのだけど、と話してはいるものの、実現には遠そうな道のりを歩んでいる。実家においてある醤油は砂糖入り、醤油や味噌やお酢や芥子など基本調味料からして化学薬品入り。まぁ、たまにした訪れない私の家族のためにわざわざ添加物フリーな基本調味料を買う、というのもね・・・というのはとても理解できる。ならば持参すればいいのだけど、毎回バタバタと訪問するので持参する余裕が無く、結果的に塩のみの味付け料理を自分で作って食べたりしてます。

しかし、私のウチに来たときでも子ども達に私の目をかいくぐってでも店屋物とかケミカル入りのものを食べさせたいという母の努力は、共感するのに難しい。そんな粗末な食生活はカワイそう、と思っている(し、実際私にそう言ってくる)のであるから、色々食べさそうとしたくなる、という理屈は分かる。

ーまぁそれ以前に、私の生き方や信念に対して実の親からでさえリスペクトしてもらえないのは残念なのだけど、、、そういう関係は今にはじまったことではない。リスペクトを親から欲しいという気持ちは永遠に消えないけれども、自分自身のサイコセラピーを経てやっとある程度あきらめることは出来きました。とても時間とエネルギーを要した心理プロセスでした。


子どもと私のある日の会話。
「このおせんべい食べたい」
「だめ。このおせんべいにはお薬がはいっているから。」

「なんで?」
「だってねお薬はひどい病気の時だけしか飲まないでしょ。
お薬入りのおせんべいは食べるものじゃないよ。体によくないの。」

「どうしておせんべいにお薬なんか入れるんだろうねぇ。」
「どうしてかねぇ。どうしてかは私にも分からないよ。」

どうしてなんでしょ。
引き算って難しい。

現状に問題意識があった時、足すことで何とかしようとする考え方が大半な世の中だ。
でも、引き算だって、足し算と同等に扱われてもいいんじゃないだろうか。
喜びと同じように、悲しみも大事な感情だ、というのと同じように。

なんで化学薬品入れるんでしょう。
美容整形みたいに、いったん始めると、止められなくなるのでしょうかね。手を入れて自然な形から遠ざかることに麻痺しているような気がします、作り手も買い手も。

心のケアも、お薬も有効な場合も勿論あるけれど、
本当はお薬は必要なくて、サイコセラピーによって、ありのままの姿を受け入れることが出来るようになれば、生きていくうちに付随してきた見栄とかプライドとか傷とか装飾とかを見つめて、本当に必要なもの意外をそぎ落としていけば、
そのプロセスは大変な道のりの場合もあるのですが・・・
心がありのままのシンプルで無理をしない状態に戻れる場合もあると、
飾り立てない自分を受け入れ、自然体で生きていく姿勢を見つけることが出来ると信じています。
by totoatsuko | 2009-07-24 23:13 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite