人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

制限なのか、選択なのか?

マクロビオティックなスタイルを、食事制限、と表現するマクロビオティックを知らない人がいる。

しかし、マクロビオティックでは、より自由に人生を楽しむための、自由な食事だと桜沢先生(マクロビオティックの元祖)は書いている。

確かに、人口添加物、動物性食品、白砂糖、乳製品、卵、がない食のスタイル・ダイエットは、現代日本の食卓に慣れている人からみたら、ものすごく不自然に見えるのも分かるし、そういう一般的でない食事をする、ということは、何か自分に制限をかけてやっているに違いない、と憶測してしまうのも分かる。

こういう捕らえ方をする、ということは、すなわち現代日本の一般的な食事をすることが、マクロビオティックなスタイルをとるより、食事に関して自由であり、自分の意思や好みと合致する食品を選択することができている、というアイデアが根底にあるからかもしれない。

かつては現代日本の食文化に染まっていたけれど、ここのところマクロビオティイクなごはんが心地いい私は、
マクロビオティックがどうのこうの、というより自分が美味しいとおもうものを「選択」していったら、結果的にそれがマクロビオティイクな食事・食との関係、といわれるものと同じだった、という感覚を感じている。

これは食べちゃダメ、これはこういう風に料理すべき、という制約・知識が先にあって、それにそって食べるものを決めているのではなくて、食べたいものを食べている、という感じ。マクロビオティックの理念という知識がが先だっているのではない。(マクロビオティックをはじめたてのころは、マクロビオティックの知識に踊らされてしまう現象はよく起こるけれど。)

だから、かわいそう、と哀れんでいただくことはない。
その言葉は、添加物が入っていないもの、心を不安定にする白砂糖、体に負担をかける乳製品などが入っていないものを手に入れにくい - 選択することが出来ない、という現状におかれている方にそっくりお返ししたい。

無添加のもの、ホルモン剤を使っていないもの、などというものがそもそもお店に無い、そもそもそういう選択肢がある、ということを知らせれていない、お肉やお魚、砂糖や乳製品がのらない食卓は寂しい・バランスが悪い、と何となく思ってしまうようにCMや生活環境、学校教育の中から思い込まされてしまっている現代日本人のほうが、暗にものすごい食事の制約をうけているのではないか、と思うのだ。

食べなくてもいいもの、を食べなきゃいけないように思わされたり、
人口添加物で調味された味でないと舌や目が満足しないように中毒にさせられたり、、、と
努力をしないと、地球と共存、人間も生物、という視点からはとても無茶なことを生物にも植物にも自分達にもするような形でしか、食事ができない。

多くの人はいう。
添加物は嫌だけど、しょうがないよね。見てみぬふりするしかないよ。だって、入ってないもの売ってないでしょ、近所のスーパーには。スーパーに、買うものの選択を制限されている。

そして、この食文化環境は、将来私たちは決定的にしかし、今と同じように直接誰かに言われるのではなく、堀をうめられるように気付かないうちに制限を受ける。食糧難、だ。

今はあふれるほど、捨てるほど食料があるという夢を見させられている。
どんなに横で食糧難はやってくる、と言われても耳に入らないくらい深い夢に。

結果的にマクロビオティイクな食事をしている私だけれど、私は選択することができているのだ。
選ぼうとおもえば、お肉だって、お魚だって、お砂糖が入っているものだって、人口添加物入りのものだって選べる。私の選択を批判する権利も、食事の制限をする権利も誰も持っていない。私は好きなものを食べる権利を持っている。自分工添加物入りのものも選べるし、そうでないものも選べる。選択肢は広い。すくなくとも、私にマクロビオティックって食事制限してるみたいでかわいそう、と言いながら、食品会社の思惑にのせられたままだったり、お肉やお魚がないと、あるいは化学調味料を使わなかったら味に文句を言う家族の顔を思い浮かべながら、なんとなくの日本の標準的食卓を再現し続けている人より相当広いと思う。

自分の心と体の食の関係がより見えるように・感じ取れるようになった今、マクロビオティックを知らなかったときより、随分と食のなかで私は自由になったし、心と体がよりいっそう食によって満たされるようになった、と感じている。

私は、制限されているとは感じない。
食事制限しているとも感じない。
選択肢が広がった今、コマーシャルや時代の流れだけに影響されず、自分の内なる声、体からのメッセージを聞きながら、主体的に自分の体に取り込むものを選択することができる、という感覚を実感している。
by totoatsuko | 2009-06-23 02:15 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite