人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

子供に包丁を使わせる

数ヵ月後に4歳になる息子。
最近やたらと料理を手伝いたがる。

ある日、子供用の包丁・ピーラーを発見。
存在するのは知っていたけど、まだ早いだろうと思って買わなかったけど、
そろそろやらせてみようかな、と購入。

実行予定日に納豆巻きつくって、というので巻き簾で巻くところは手伝ってもらって、いざ包丁。
これまでも、私がざくざく切っている手の上に手を添えさせてあげて、切る疑似体験をしたことがあるけど、自分が切る、ってのは訳が違う・

いっぽ間違ったらざくっ、といってしまうのだ。
子供の包丁だからって、切れ味は同じ。ただ、サイズが子供の手に合うように作られているだけ。

左手で納豆巻きをおさえて、右手で包丁をもって、前後に動かしながら下におして切る。
下まで押し切らなかったら、海苔がつながってるし、
前後させずに押して切ると、納豆巻きの切り口がぐちゃー、っとなってしまう。

やり始めははしゃいで、包丁もったまま腕をふりまわして私を激怒させていた子供も、
切りはじめたら、これはちゃんと「切ること」に集中してやらないとほんとうにマズイことになる、と自分でわかり、おのずともの凄い神妙・真剣顔に。部屋の空気もピキンと張り詰め、静寂が訪れた。

刃物が神様 (昔は、正月3ヶ日は刃物の神様に休んでもらうため、刃物を使用せずすごした)なんだ、というのを、子供に包丁を持たせて初めて、それが持つ怖さと威力を実感した。いっぽ間違うと命さえ奪ってしまうモノ。その怖さを、包丁とちゃんと向かい合わず無造作に扱っている子供の姿をみて痛感した。

私は真剣な顔で(むしろコワイ顔)見守って、子供に指示を出す。
ほらもうちょっと前後に動かしてごらん・ 左手もうちょっと寄せないと、包丁にあたっちゃうよ。

ちょっとづつ上手になって、私の助言の数も少なくなる。

ってところで、集中力切れ。
切り残した長い納豆巻きにかぶりついてた。

まだfine mortar skill(手先を細やかに動かす能力)は年齢相応に発達していないから危なっかしいのだけど、fine mortar skillを磨くと同時に、
もの凄く集中する、(集中しない=身の危険が生じる)
自分が食べるものの調理に関わる、
親子の真剣な関わりをもつ、
そしていつかは自分の指を切ってしまう、
という体験が出来るという意味では、包丁を使わせる意義は大いにある、と思いました。

自分でやってしまう方が、10分の一くらいの時間とエネルギーですむけれど、
今度は、出来上がったものを切るんじゃなくて、お味噌汁の具とかを切ってもらおうと思う。
by totoatsuko | 2009-03-31 15:49 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite