人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

対立を超えて II

大地宅配という、食品の宅配会社の社長が言っていた。

土壌から昔ながらのやり方を大事にしながらつくって、農薬を出来るだけ少なくして美味しい野菜を作って会員の方に届けよう、と農家の人達と一緒に考えて頑張っているうちに、農家同士で、あっちの堆肥はうちのより悪い、とか内部分裂・内部批判みたいなのが起きてきた。

人間、人を批判して熱くなるのは、優越感に浸れたり、自分のパワーを感じることが出来て気持ちいい。でも、批判してるだけでは、自分たちは共倒れ・一緒に腐ってしまうよ。批判するエネルギーがあるなら、それを使って、自分が持ってる技術を伝える努力をし、教えてもらう方も謙虚にその教えをこい、共に成長しようじゃないか。

そう社長は農家の人達を導びき、纏めて
いったのだそう。

純粋さ・完璧なもの・理想をつきつめていくと、
不純なもの、自分の理想にそぐわないものを排除したくなる。

でも、そもそもわたし達は不純物にまみれた世界で「生かされている」のだから、
不純なものを排除して、あれは間違ってる、これは悪い、と選別しながら生きるのは、すごく難しいし、自分一人は理想に近づけても社会から家族から孤立してしまう場合もある。だから、不純なものを取り込みながら、その流れの中で生きる、という方法もありだと思う。

というのは、セラピーのプロセスで、今まで自分はなんてひどい生き方をしてたんだ、生まれ変わろう、その努力をしよう、と思って頑張っていると、先の投稿でも書いたけれど、周りのものが全て間違ってるように見えてきたりして、自分が変容する痛みを乗り越えるために必要なエネルギーが、そのギャップの苦しみに消費されてしまうことがあるからだ。

けれども、周りの批判を浴びながら、周りから孤立しながらも、純粋なもの・理想をとことん突き詰める生き方もありだと思う。奇跡のりんごの木村さんのように。
ーその場合、周りを批判はしない、というのは鉄則。だって、自分が勝手に変化しようとして、勝手に自分の理想を持って勝手に自分のペースで別の人間に生まれ変わろうと、全く新しい世界を作ろうとしているのだから。

ー周りからけんか・対立を吹っかけられるのも覚悟しておかなくてはならない。勝手に変わっていくあなたを許せない、迷惑、排除・切捨てられようとしている、と周りは感じ、怒りを感じる場合もあるから。でも、そこで売られたケンカを買う・対立を大きくするのは、あまり生産的ではない。

意見が違う=対立ではないのだ。
ただ、「違う」「違ってきている」というだけ。

意見が違う、というのをニュートラルに受け止め、
自分が、その違いをどう扱っていきたいのか
ー周りの意見(自分にとって不純物)を取り込みながら生きるのか
ー周りの意見はおいといて、自分の信念を純粋に求め・作り上げようとするのか
(木村さんのように、自分の理想なものが形になった時、それまでケンカを売り続け、完璧に敵を演じていた周りが、一瞬にして賞賛する側に回ることもある)

どちらの生き方も間違ってない。
どちらかを選ぶ必要もない。
自分のちょうどいい配合をみつけられればそれでいい。

ただ、周りと真っ向 対立しながら自分の変化のプロセスを積み重ねていくのは、余分なエネルギーを必要とする。でも、それが自分にあうやり方だったら、そうすればいい。大変だけど、自分に合わないやり方をするよりは、大変じゃない。

できることなら、対立を超えて、ちょうどよい距離を保ち、お互いの存在と在りようをお互いが尊重しながら生きていければいいな、と思う。
by totoatsuko | 2009-02-03 22:05 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite