カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

from splitting to integration

d0065558_16115647.jpgNYに4年いて、日本で結婚式をすることになった時の私は、内面が完全にsplitしていた。

NYの4年間は、私は新しいidentityや価値観を産み・育てた。
それは、日本・実家の広島で育くまれた19年間の自分や、東京での大学時代4年間で生まれ育った自分と、全く別の人種だった。日本で形成された私と、NYで形成された私は、完全にsplitしていたのだ。

yet I was I. One person who has only one body, heart and soul.
(でも、私は私。一つだけの体と心と魂をもちあわせた、一人の人間には変わりなかった)

最初は、お互いの存在に気づいてなかった。
しかし、これから結婚しNYを離れることが決まったあと、自分自身のために受け続けてきた音楽心理療法・GIMセッションでのプロセスで、完全にSplitした私の内面の住人達に気づく。
日本の私とNYの私は強く反発しあっていて、お互いの事が理解できなくて、それぞれ別の生き方をするのを望んでいる・どちらかの生き方に統合されるのは、死ぬほど嫌がっていた。


NYで生まれたidentity達・例えば
若い自立した独身女性、プロフェッショナルにリスペクトされている音楽心理療法士、NYに住むAsian/Japanese. Student.

まだまだNYで仕事を持ち、他にもやりたいこと・学びたい事が沢山ある自分。
その地が故郷で、ここにしかいない、日本の自分は知らない友達たちや社会との繋がり。
それを捨てるなんて、NYの私には理解できないことだった。

同時に、日本で生まれ育ち、NYに住んでいた4年間も日本との繋がり(文化・人間)続けていた自分は、その自分なりの人生選択として結婚することやNYを離れることを望み、そうする事を決めてしまった。NYの自分がどんなに悲しんでいるか知らないままに、NYの自分と対話しないままに。

繰り返すが、当時は、Splitしている自分に気付いていなかったから、対話をする、という概念すら浮かばなかったけれど。

Splitしている自分を内包するのはとてもとても痛かった。
文字通り、引き裂かれていた。

identity Splitは結婚してBostonに移っても、まだそのままだった。
痛くて痛くて、痛みに耐えられなくて、故郷が恋しくてNYの私は泣き続けていた。結婚やBostonに移り住むことによって生まれた自分の存在に注意を払う余裕なんかなかった。明らかだったのは、NYの自分が痛みを感じていることによって、結婚後新たに生まれたidentity・例えば「妻」「なじみの無い土地に住み始めた人」は、自分自身の生を楽しむことが出来ていなかったことだ。

でも、NYを離れることを決めてから、ずっと自分のセラピーの中で、セラピストのサポートを受けながらそのsplitと向かい合い(とても自分ひとりでケア出来るような痛みや分裂具合じゃなかった)、自分が何重にもsplitしている状態が生み出す矛盾と痛みを、全て自分のものとして受け止め、繰り返し感じ取り、色や音に映し出し続けた。

そうやってsplitしている自分とその痛みから逃げず、そして、押さえこまないことにより、分裂したidentity達がある日対話を始めた。時にけんか腰に、時にお互いsympathyを示しながら。

しかし、Bostonに移って間もなく「妊婦」「近い将来母親」になるというidentityが出現し、まだまだ結婚やBostonという新しい生活に全くcommit出来る状態ではなかったNYの自分は、崩れ落ちそうになる。リアルタイムで、NYの自分の気持ちなんかお構いなしに自分に降りかかる人生のイベントは、結婚やボストンとの繋がりを強めるばかりで、そこで生まれた自分をどんどん育てていく要素ばかり。NYの自分は苦しくて苦しくて、もがき続けた。

どの位時間がたったのだろう。
どの位泣いたのだろう。
どの位怒りが爆発したのだろう。

NYの自分が、結婚やBonstonに移り住むことなど、人生に起こった変化によって、自分が抹殺されたわけではないと、頭だけでなく体感出来る様になるには随分時間がかかった。

そう、頭ではずっとずっと前から分かってた。
NYで生まれ美しく育った私は、この私から決して消えることはないのだと。
でも、深層心理のレベルで、本当にそう感じることが出来るのには、ものすごい時間がかかった。痛かった。辛かった。

生きていると、自然と色んなidentityが付随してくる。
生まれたての赤ちゃんは、親の子供、あるいは大地の子、というidentityしかもっていないが、すぐさま、誰かの孫、医者の患者、と増えていく。

誰かの子供(娘・息子)であり、孫であり、親であり、祖父母であり、兄弟であり、一人の女性・男性であり、恋人・夫婦であり、会社員であり、上司・部下であり、先生であり、生徒であり、地域の住人の一人であり、自分自身であり・・・

それぞれのidentityは、ことなる欲求や生き方を持っていておかしくない。
そして、それらが矛盾しあう要素はゴロゴロ転がってる。

自分がどんなidentityをもっているかconsciousに把握したり、感じたりして生きている人は多くない。ましてや、それら一人一人の生き様が互いをけん制しあう物だったり、裏切りあっている状態であることに気づいているひとも多くない。

splitしている自分に気付くのは、もの凄い痛い体験であることは、自分の体験を通して私は知っている。でも、私は、私の中の誰かを抹殺したり、口にテープを貼って無理やり黙らせず、彼らの嘆きを聞き続け、活路をみいだそうとしたプロセスを自分に対して行なえた事をとても感謝している。誰かを殺していたら、あるいは抹殺したつもりで生きてきたら、きっと心にーひいては体に無理がきていた。

母親であり、妻であり、セラピストであり、親の娘であり、一人の女性であるidentity達がお互いを認め合い、評価しあい、傷つけないバランスをキープできていると、とても心の充実を感じる。でも、いつもいつもいいバランスは保っていられない。誰か一人が誰かを押しのけて自分の主張を押し付けたり押し通そうとしたり、実際実行してしまうことがある。しょうがない。どのidentityも人間だから、いつもいつも回りに対していい人ではいられない。

でも、私は知っているから、一人が自分のやりたいことをやっても、holisticには満たされないことを。

splitting to integration.
大事なテーマ。
[PR]
by totoatsuko | 2008-10-31 16:08 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite