人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

君臨

君臨_d0065558_23121861.jpgある分野、あるいは組織のトップにたつ人が、自分の意見が全てであるかのように振舞うのはものすごい罪だしstupidだと思う。どの世界にも(音楽療法・心理療法の世界にも)存在する人種だけれど。

NYからの帰りの飛行機の中で見た映画で大学生が、自分の意見にチャレンジする学生をクラスからdismissする教授に
「議論を封じるのは欺瞞だ」
と怒りをぶるけたのが印象に残った。

日本人の学生でそんな事教授に言える人、少ない。
教授の意見に合意できなくても、黙っているか、影でバカにしながら崇拝している振りをするか、自分の頭で消化せず鵜呑みして崇拝しているか、それに対して何の意見も持たないか。

議論がなければ、その分野の成長もない。自分の理解も深まらない。
pro-conだけでない幅広い視点からの議論がないと、その論理を確立した者も、それを聴いている側も、そこからの新しく斬新な展開を生むことは出来ない。

日本は、意見が違う人が向い合ってお互いの言い分を伝え合うプロセスを、「また文句言ってる」「手間がかかる相手だなぁ。なんで適当に合わせたり流したり出来ないんだろう」「こんな口ゲンカしたくない」、という受け止め方をする人が多いと感じる。相手と意見が違っても、その差異をクリアーにしようとはしない。

アメリカでは、お互い思ってることや自分の信じてることをワーワー言い合うのをdiscussionと呼んで、ネガティブな要素はない。だから、相手に同意できなくても悪気を感じる必要が無いんだけど、日本にいると、相手と違う意見の時は気を使う、という技を身につけてきた気がする。

異なる意見を相手に提示する時、相手に対して申し訳ない、とすら思っている自分に気付いたら、アメリカにいた時の感覚から大きく変化しているのを感じた。

私自身のスタンスは、自分とは違う色んな意見や考えを聞くときオープンマインドでありたいと思うし、そうあることが自分の感性や人間関係を豊かにしていくものだと思っている。

(写真はメトロポリタン美術館の分室、190th street にあるThe cloistersのエントランス。
NYの街中から離れていて、私の好きな心がピースフルになる場所のひとつ。)
by totoatsuko | 2008-07-31 23:18 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite