人気ブログランキング |

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

熱くなる

通っている所の待合所に「のだめカンタービレ」が置いてあるので、毎回読みすすめて、もうすぐ最終回。音大生・音楽家達の話なのだけど、あんまり自分の音大学生時代と重ねることなく、リアリティーと漫画の作り話のギャップに違和感を感じることなく、軽く読み飛ばせて時間潰しを楽しんでいる。

そして、時々登場人物達の音楽や人に対する熱い思いとか、こだわりのシーンで目頭が熱くなったり、胸がきゅぅっ とすることがある。

まわりには構っちゃいられない・
もうその瞬間は自分のやりたいことを突き詰めるのに必死
まわりがまったく見えないくらい、そして見えないことが気にならないくらい、自分の内側に存在する熱い思いに突き動かされている人たち。

分かる、その必死さ・その情熱。
ピアノと添い寝しないと不安でしょうがなかった試験中の日々もあった、
プロの音楽家を目指していたわけではいなかった私ですら。

いいなぁ、何かにあんな風に、嬉しいことにも・悲しいことにも・辛いことにも熱く・必死になれるなんて。周りから見たら価値がないことでも、自分にとってはすっごく大事で、それを貫く・精進する。

家庭をもったって、そんな熱くなり方・生き方をやろうと思えば出来る。
家庭をもったからああいう熱い生き方・没頭はできない、と人のせいにするのはお門違い。

私は、そんな熱い生き方に胸を熱くしつつ・憧れつつ・感銘をうけつつ、
家族が休める空気と場所を提供する、という、
激しい情熱を使う余地はないが、安心できる毎日の繰り返しをプロデュースする役割。
ぬるま湯の温度を保ち続けるぬるま湯っぽい緊張感を、それでも一秒たりとも気を抜く事ができない感じのライフスタイルを、あえて選ぶ・今は。

ぐぐっと熱くなるのと比較できないが
いいかんじの温度を常に保つ、ためには持続的な緊張感が必要なのだ。

熱い思いを秘める漫画の登場人物たちや、実生活で触れ合う熱い思いを持った人に感情移入したり、共感しながら、彼らのエネルギーの波動を自分の波動に取り入れてみたり、かつては自分も体現していたあの感覚を忘れないように、そして今でも心の奥で種火となっている情熱を、いつかそれに飛び込める時が来るまで大事にしていきたい。
by totoatsuko | 2008-05-30 17:52 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite