人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

熱い思い

熱い思い_d0065558_17125840.jpg情熱を持っている人はとても魅力的だ。
自分が関わっていることー仕事・学業・遊びなどーを話すときの目のきらめき・手振り身振り。
誰かに認めてもらうこと・あるいは褒めてもらうことがそれをやっている最大の理由ではなくて、まず自分がやっている事の価値を自分自身が見出している。

だから媚びない。

それゆえに魅かれる。
どんな事をやっているの?
その楽しみって、喜びってなに?
もっともっと話を聞きたくなる、やっている姿を見せてもらいたくなる。

その人が、「それ」に打ち込むまでに至る、そして打ち込んでいるにあたって起こる出会いやハプニング、アチーブメントの現在進行形の物語。もの凄いexcitingでその人の情熱がなければ作れないユニークなストーリー。

""""""
8年前、音楽療法の存在を初めて知ってこの分野を勉強したい、と思ったとき、周りも誰も音楽療法の存在を知らなかった。私自身ですら、音楽療法の本質をしらなかった。ただ、なにかもの凄い物だ、という「感覚」しか持っていなかった。

でも、音楽をおよそ20年間やってきた傍ら、お医者さんになって病で苦しんでいる人のために自分を役立てたいと思っていた自分には、音楽療法との出会いが「まさにコレだ」と思わされた。日本では音楽療法士に対する認識も社会的地位も全く無かったけれど。

住み慣れたNYを離れ地盤を持たないボストンの地に移ったとき、6年ぶりに東京に拠点を移して音楽療法士として活動を始めようとした時、音楽療法を求める人や施設との出会いがすれ違ってあまり活動出来なくて、くじけそうになったときもあったけど(仕事がない、自分の専門を認めてくれる人がいないというのは結構ディスカレッジされる)、でもやっぱりやめられなかった、この仕事。
私がやっていること、私以外に出来る人って沢山いないから・
特に日本では。
音楽心理療法の力の凄さは、誰に否定されようと、強く信じているから。
そして、人の心は・精神状態は、お薬だけでは決して癒されないものがあるし、
人には
どんなに弱っている人でさえ自分の内面から心の状態をよくする力を持っている
と信じているから。

音楽療法は8年前よりポピュラーになったけれど、依然として私がやっているような深層心理まで扱うものはマイナー(これは音楽療法界に限らず、一般にいうカウンセリングの世界でも同じ・ちなみに、音楽を使わない言葉だけのカウンセリングも行なっています)。

心の表層を扱って毎日を回すのが目的のカウンセリングスタイル以外にも、こういう心の深い所まで扱うスタイルが世間にも知ってもらえると、もっと楽に生きることが出来るようになれる人って沢山いるのだけど、とは思うけれど、それは私にとって一番重要じゃない。

仕事だからやっている、という感じセッションしている音楽療法士の方の姿をみたり話を聞いたりすると、勿体無いなぁ、と思う。だって、もの凄いものー人の心と言葉になりえない音ーに関わっているはずなのに、扱っている本人がそれを感じられていないんだもの。セラピストが信じていなかったら、クライアントは絶対信じるようになることは出来ない。(勿論仕事は情熱だけでは出来ませんけど)

セラピーにおける音楽や色の力を沢山に人に知ってもらわなくても、
目の前のクライアントが少しでもいい方向に向うストーリーがある、
そこに私は熱い思いを投じている。

それとは別に
熱く語れるものがあることは、とても幸せなことだとも思う。
by totoatsuko | 2008-02-29 16:11 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite