人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

一線をこえる

免許の書き換えに行った際みた教育ビデオ。
とても幸福な人生が一瞬の事故で台無しになる、という点は共通しているけれど、過去のわざとらしい筋立てや演技とは異なり、自分にも起こるかもしれない、と思いながら見れるものだった。

主人公の酒酔い運転でひき逃げ、子供一人を死亡、もう一人に重い後遺症を残させてしまった30代の男性は、昨年独立し自分の会社を初め、ローンを組んで自分の家も建てた、2人の子供と奥さんのいる家庭もち。仲間と飲んで泥酔しているところに、大事な顧客からすぐ来て欲しいとの仕事の依頼。仲間が止めるにも関わらず、大事な客だから、と振り切り飲酒運転。
事故の数日後出頭し、多額の賠償金と数年間の実刑判決。主婦だった奥さんは、家を売って、昼夜働き生活費を稼ぎながら賠償金の返済をやっていたが、子供もぐれて、生きることに疲れ果てて電車へ飛び込み自殺。残された子供達は、奥さんの実家の田舎へ送られる、、、
というのが大まかなストーリー。

人間の判断って、とても危ういものだと思う。
どんな立派な人でも、どんなに自分を「コントロール」するのがうまい人でも、必ず不本意な過ちを犯す可能性はある。理性が働いている時は絶対にしないような判断を、個別の状況に遭遇し、即座に決断しなくてはならなかったら、普通では考えられないような判断をするからだ。飲酒運転がいけないのは誰でも「知っている」 。でも、急いでいたり、ほんのちょっとしか飲んでいなかったり、まぁいいじゃない、という人が横にいたりしたら、「自分」は簡単にゆらぐ。

その揺れを完全に消すことは絶対に出来ない。仮に消去したならば、それは人間でなく心をもたないロボットになってしまうことだ。消そうとする試みはバカらしい。大事なのは、自分が危うさ・コントロールすることが出来ない「人間の心」を持っている事を自覚することだと思う。そうすれば、自分のぐらつきを客観的に観察することにより、非常事態で自分の弱さを自分でカモフラージュしたりせずに、自分の迷いや弱さを第3者に開示し・助けをもとめ、より適切な判断を下すことができるだろうから。
by totoatsuko | 2007-06-25 22:18 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite