人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

時代遅れとは?

時代遅れとは?_d0065558_17262015.jpg引き続き Skin & Bones exhibisionからinspireされたこと。

デザインされたもの、というのはそれがデザインされた時、旬の時期を終えると、人々の話題にも登らないし、目にとまることもなくなっていく。周りに同じようなデザインのものが増えれば、周りと同化し主張が薄れてくる。

例えば (デザインとは性質が異なるが)蓄音機が発明された時は、衝撃だったが、いまとなっては録音機、というごくごく当たり前の日常の要素の一つにすぎない。

デザインに話をもどそう。
展示された洋服や建物をみて、「時代遅れ」という感覚は何なのだろう、と思う。
デザインされたてのものは、その時代と文化背景・人々の大衆心理が織り込まれて、それを見た人の心や視覚にダイレクトにビビットに音をひびかせる。反響音も共鳴も起こす。しかし、時がたつとその存在意味が変わってくる。

例えば、18世紀のコルセット付ドレスやフリルのブラウスにタキシードというスタイルと、当時の労働者が着ていたものを融合させて「今」デザインされた服。当時あった貧富の差・ライフスタイルの差異が、やはりお金持ちとそうで無い人の比が取りざたされている現代社会では、実際どの様な形で存在するのか知った上で、それを体現するデザインされた「服」。例えば、袖や胸元にはプリーツがふんだんに入っており、肩はパフスリーブ。しかし、色は農民がきていたようなくすんだもの・あえて汚れがついたようなプリントを施す。

そういう社会問題を(無意識であれ)感じている人がそのデザインを見たら「旬」感覚を感じる。しかし、次のシーズン・翌年にみると、全く違う主張をしているようにみえたり、時代遅れ~なにかそぐわない感じを受ける。

どうしてだろう?そう自問して思いついたのは、
言語と同じで、そのデザインされたものが使っている言語が理解できなくなったら、そのデザインが主張していることに共感を覚えられない。それが何時どんな時代にどういう人によってデザインされたのか、というのを知らなければ、何故そのようなデザイン・フォルムが生まれたのか理解できないだろう。デザインが生まれた環境と異なる環境に生きていたら、もうそれだけでそのデザインが生息する世界から離れた、異なる言語や社会システムを持つ国にいるような感じ。ましてや、そういう「時代遅れ」の服をまとおうものなら、街から浮いて、如何わしい目で見られかねない。

あるいは、一昔デザインされたものが「旬」のものとして、再評価される現象もある。それは、デザインされた時代と、再注目する時代には、きっと共通の何かがグループの無意識に生まれてきているからなのだ。

いまや時代の変化はどんどん早くなっている、とはいわれながらも、自分達の「生きる感覚」がそこまで早く変化していると実感している人は少ないかもしれない。しかし、そうやってデザインされたものとの会話を試みて失敗したとき、私は、その変化のスピードとダイナミックスを感じざるを得なかった。

時代遅れな人、物、価値観 と見切ってしまえば、それまで。
そこに何も対話は生まれない。
しかし、その物や人が製造・形成された時代と社会背景、それが発する言語を理解する努力をすれば、少なくともそれらが何故、何を言わんとしているか理解する手がかりはつかめるだろう。(それに共感できるかどうかは、全く別のお話ですが)。
by totoatsuko | 2007-06-14 11:49 | Comments(3)
Commented at 2007-06-16 14:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 明日への音楽療法 at 2007-06-18 01:28 x
こんにちは。音楽療法を勉強している大学4回生のモノです。今回、GIMのことについて検索したら出てきました。まだまだ勉強することはたくさんあるけど、「敬意をこめて」という記事を読んで少し自分の事をもっと知ろうと思いました。
Commented by 明日への音楽療法 at 2007-06-18 01:31 x
確かに、音楽療法士という仕事をするのであれば、自分の事を知らずして人のことを知れずって感じですよね・・・自分でも知っていたつもりになっていた「自分」は本当の「自分」なのだろうかと、少し疑問にもちました。記事に関係のないコメントでごめんなさいね。
でも、とても勉強となるページなのでお気に入りにしてまた来ようと思っています。ではw
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite