人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

言葉のみ vs 言葉を含む アートセラピー 2

言葉のみのセッションとくらべて、GIMでは逆に 頭が心の体験についていけないケースもある。セッションを終えると、頭が 心の体験を 否定しようとする、忘却しようとする。

例えば、自分は、風を感じないようにしなければならない程弱い人間であるはずがない、
そんな防寒着なんか着ているわけがない、 と自分の一部は主張する。

かたや、心は知っている、風を感じていないことを、自分の肌の上に重ねたものの重みを、それによって、自分の体の動きが囚われている事を。

セッションでの気付き、セッションで起こった心の変容が 日常の自分の心の感じ方・行動の仕方、世界の感じ方・見方に影響されないように、もっともっと心を頑なに閉ざしてしまおうとする働きが、セッションルーム外で起こったら、それは、結構辛い場合もある。
セラピストの助けは借りられないし、自分の心が、異なる内なる声の主張に引き裂かれそうに感じる感覚が起こるかもしれない。

あるいは、無意識のうちに、心がセッションで起こったことを全く無視して、あるいは自分の日常生活を送っている意識から切り離して、生活を送り続ける。あたかも、セッションでは何も気づかなかったかのように、、、あたかも そもそもセッションに行ってなんかいないように。


心が変容する、 自分が本来の姿を取り戻すには、そういう痛みや葛藤を伴うこともある。
考えてみれば当たり前だ、長い時間をかけて、あるいは強い衝撃をうけて、まっとうな理由があって今の自分を形成してきたのだから。それは、多くの場合、自分が環境に適応するために、その環境をサバイブするために、頭が心をコントロールして、自分を変容させていく必然性があったのだから。

ただ、そうやって「適応して生きていくため」に無意識のうちにどんな風に変容してしまった自分がいるのかを自分自身が知らず、
自分が何を感じているかよく分からなくなっているまま、
「適応して生きている」だけでなく、
「自分らしさを、その環境でどう出していける、心から楽しめる」のか、
「どんな人生を作っていきたい」のか、
「そのためには、自分はどんな生き方が出来るのか」


頭で考えた理論だけで、自分を把握したり分析するのって凄く難しい。
だって、生きるって、心って、理屈じゃないから。
自分のなかは矛盾で満ちている。
アート という手段は その矛盾を 葛藤としてではなく、素直に受け入れてくれる。
矛盾 が 矛盾ではなく ただそうあるもの として表される、感じられる。
by totoatsuko | 2007-02-26 09:46 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite