人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

スクールカウンセラー

スクールカウンセラー_d0065558_21594410.jpgスクールカウンセラーのニーズが切実であることが、教師の間でも、政府の間でも認識され始めているというのは、とても喜ばしいことだ。都会ほどスクールカウンセラーの設置校が多いという数字が出ている。

しかし、文部省が「出来るだけ多くの教師に、その役目を買って出て欲しい」と言っているのをきいて、何だ、何にもわかってないんだな、と思った。

そんな片手間に出来るような仕事じゃない。
素人かぶれがやると、生徒とカウンセラーともども心の闇へ転がり落ちてしまう、
場合によっては、周りの人間もその闇へ道ずれしてしまう、とても危険な行為である。

一緒に鬱になったり、おかしな関係になったり、おかしな関係を作り出し心を余計混乱させてしまったり。

教員として生徒に接した経験がどんなに豊富でも、
その人がどんなに人生経験が豊富でも、
その人がカウンセラーとして機能できるかどうか、というのは全く別の話である。

ただ話しを聞いてあげればいいってもんじゃない。
野生のこころ を扱っているのだ。
クライアントと自分の むきだしの心のぶつかりあいが起こるのだ。

カウンセリング・心理療法のプロのセッションを傍からみたら、ただ駄弁っているようにしか見えないかもしれない。音楽心理療法でクライアントと即興をやっているのを、何も知らない人が見たら、ただ楽器を使って楽しい、気がまぎれる時間をもたらしているとしか、その程度の表層しか理解できないと同じ。

しかし、そこにはプロでしか出来ないクライアントの状態の把握とデリケートな対応がまぎれもなく織り込まれているだ。
by totoatsuko | 2007-02-07 21:59 | Comments(6)
Commented by visitor at 2007-02-11 18:08 x
私は、素人で友達の相談を聞いていると私も一緒に落ち込んでしまったり、苦しそうな人がいる環境にいると自分も苦しくなってしまいます。どうしたら、落ち込んだり苦しくなったりしないで済みますか?どういった専門書にその方法がのっているか教えてくだされば幸いです。
Commented by Bostonian at 2007-02-13 07:13 x
私の知り合いに臨床心理学でPh.Dをとった人がおり、その奥の深さをよく伺いました。プロは必要かと思います。心理学と教育学のプロと、より密接な関わりが必要ですよね。
ところで、教師でも心が病んでしまう方がいる。児童心理と大人の心理と違いますが、カウンセラーの対象は子どものみならず、教師である必要もあるように思っていますが、、、あつこさんはどう思われますか?
Commented by totoatsuko at 2007-02-13 09:45
Visitorさんのような質問はよくされるのですが、私の答えは、「素人がその友達を救ってあげようとする行為は、ある意味とても無責任な行為だから、やめたほうがいい。それよりは、心の問題を軽視せず、専門家に相談する事を勧める方が、よっぽどその友達の救いになる」です。素人の人の心の闇を何とかしてあげよう、という試みはとても危険です。心の闇は思っているより深いし、ものすごい引力を持っている。知らないうちにその人をもっと深い闇に陥れてしまうこともあるし、自分も一緒に転がり落ちてしまうこともあります。それを教えてあげること、専門家に助けを借りに行く手伝いは素人でも出来るかも知れません。(強制するべきでないと思いますが) また、心についての専門書は沢山出版されていますが、どんなにHow toを頭で理解しても、実践できるものではないと私は考えています。
Commented by totoatsuko at 2007-02-13 12:06
Bostonianさんー 教師も人間ですから、心のバランスを崩してしまうのも、自分の教師としてのやり方や子供との接しかたに迷ったりするのも当然だと思います。病院でケアのプロフェッショナルである看護士やお医者さんの心のケアが大事なように、教師のケアも生徒と豊かな交流をするのに不可欠だと思います。
Commented by totoatsuko at 2007-02-13 12:57
Visitorさんの、「どうしたら、落ち込んだり苦しくなったりしないで済みますか?」という質問ですが、相談に乗るのをやめる、自分が苦しくなるような状況に、そこで苦しんでいる人のためになろうとして入っていかないこと、が素人に出来る事でしょうか。また、そういう風に他者の闇に触れてぐらぐらした自分の心の動きに気付く経験をされたのならば、これを機会に専門家と一緒に「自分の闇・Shadow aspect」は何なのかプロセスしてみてもいいかもしれません。
Commented by Visitor at 2007-02-13 21:59 x
返信いただきありがとうございます。答えは、「相談に乗るのをやめる、自分が苦しくなるような状況に、そこで苦しんでいる人のためになろうとして入っていかないこと」ですね。これを読んだ瞬間、気分がすっきりしました。救わなければいけないという義務感、救おうとしなかった罪悪感は、横において素人だから無理!と割り切って生きていきます。自分の闇を知る=自分を理解することなので、大変興味深いです。今後もBlogを拝見させていただきます。ありがとうございました。
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite