人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

Quick Answer

Quick Answer_d0065558_1149531.jpg子供と接するなかで、体罰はいけない、頭ごなしにしかるのはいけない、何かを強要してはいけない、と
何か問題が起きるごとに、してはいけない事がどんどん増えていく。

そうしたら、ちょっと叩くだけでも虐待だとか、声を荒げてしかることが頭ごなしだとか、家族や社会の決まりを教えることが強要だとか、勘違いをしてしまう人がでてきて、子供と感情をぶつかり合わせる、人間 対 人間の関わり方が出来なくなってはいないだろうか?

それと同時に、今度は、父性や権威の喪失が子供が育つ環境を悪化させている、という声も出てくる。

日本は、当事者の間できちんと吟味されるまもなく、外部のいわゆる「専門家」とか、政府の一声で、人々の意識や意見が極論に簡単にインフレートする。Good か Badに振り分けたがる。しかも、せわしなくその極論を行き来し、結局現場の声や、当事者たちの声がきちんと多くの人に伝わることは稀である。

みんな、めんどくさいのか、触れたくないのか。
自分の手を動かさずに、簡単に状況を知ったつもりになりたがるし、結論を導きたがる。
物事、そんな単純にできていないとおもうけど。(自分が、そんな単純にできてると思えますか?)

そもそもそれが問題のような気がする。

心のバランスを崩した当事者も、自分のことなのに、時間をかけてケアしよう、というよりは、
簡単に答えをくれそうなカウンセラーや、占いや、リラクゼーション、娯楽、薬、麻薬に時間とお金をさきがち。

本当に大切なものや真実は、そう簡単にみつからない。
見つけようとしてもみつけられるものではない - タイミングや出会いが鍵のときもある。
真似をして人工的にも創れない - 自分の内側にあるものにアクセスできないと。
他人が教えてくれるものでもない。

Quick Answerは、自分にとってのtruethを導き出せない。
時間をかけるのは時代にそぐわないかもしれないけれど、本当の自分をみつけ、自分らしく生きるには、自分に対してそれなりのcomitmentと責任が必要なのだ。
by totoatsuko | 2006-12-11 12:03 | 日々感じたこと | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite