人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

自分に向けられたアグレッション

自分に向けられたアグレッション_d0065558_13504795.jpg待ち合わせをしていて道行く人を何気なく眺めていたら、
隣に立っていた家族が横断歩道の中央に駆け寄った。

そちらに目を向けると、道路の真ん中で人がうずくまっている。靴も脱げている。
両脇を抱えられるようにしてその人は歩道にたどりつく。
筆一本で描けてしまうほど細い体と、蒼白で無表情な顔をその人はしていた。
強風にあおられてしまったのか?

少しすると、黒ずくめのその人は ひとり、
倒れた横断歩道へ心もとない足取りで戻り 雑踏の中に消えていった。

もしかしたら、自分の体に生きていくために必要な栄養を与えることを
自分自身の誰かが拒否しているのかもしれない。
心に潜む 何かに対する怒りややるせなさ、あるいは悲しみか、、、とにかく強いいわゆるネガティブといわれる感情を無視し続けるか 無意識のどこかに押しやる。その結果、その感情があの人の体と心をアタックしているのかもしれない。あるいは、栄養を取らないことにより、この耐えられない人生から、この世から、少しづつ自分を遠ざけているのかもしれない。意識がうつろになることにより、人の声もプレッシャーも敏感に感じなくてよくなる。そして、少しづつこの世での存在が薄くなり、どこかの世界に行くことを望んでいるのかもしれない。

意識されない自分の中のアグレッションは、自分に対してひどいことをする。
それは一重に、どれだけ辛い思いをしているか、自分に気付いて欲しい、というメッセージなのだけど。

白昼に目にした一瞬のシーンがスローモーションで思い出される。
あの人の心はどうなってしまうのか、、、
誰かサポートをしてくれる人がいるといいのだが、と祈るしかない。
by totoatsuko | 2006-10-24 21:50 | 日々感じたこと | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite