人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

解き放つ I

解き放つ I_d0065558_1723038.jpgある会食にて

「多くの人が、いかにトヨタのシステム、会社のあり方が素晴らしいか謳い、
国外のビジネスマンに‘トヨタがあるべき会社の姿のモデルだ‘というニュアンスで伝える人がいるけれど、私は、トヨタの社員には絶対なりたくないな。」

「トヨタは、トヨタ王国だから。その完璧なシステムに従業員は完全に組み込まれ、心地よい環境をみんなで作り出し、世界でトップクラスの効率と細部への配慮、デザイン性、チームワークを誇っている。ここでは、このルールを乱す人は、認められないんだ。」


という話から発展し

「日本人をもっと解き放ちたいんだ,それを縛っている既存のシステムやルールから。
優秀な人が沢山いるのに、もっている能力を存分に発揮できる学校や、会社や、社会の環境が今の日本にはないんだ。」

もっともらしいお話。
でもねー、日本人に
「解き放ってあげます。もっと自由に自分を表現し、自分を表に出していいんですよ。」
と言っても、そもそも解き放たれるSelf 「個」が自分にある、という自覚が、社会のなかで、そのユニークな個がいかに無意識のうちに変容しているか、という自覚、本当の自分や、自分の意見、生きたい生き方を持っている人はほとんどいないんじゃないかと思うのです。
だから、和や、チームワークが個の意見よりも格段大事にされている文化で育った個々の日本人が、もっともっと自己表現できるようになり、他者と意見が異なることを恐れず、そこからの対話で切磋琢磨したり、個々の潜在的な才能を花開かせるためには、まず「個」「自分自身」に対する自覚を高める必要があるんじゃないかなぁ。

河合 隼雄も、
「欧米人は、まず個があって、それが社会を形成しているという自覚。日本人は、まず社会があって、それに属する個がある、という自覚。」
と書いているし。

(IIに続く)
by totoatsuko | 2006-07-18 17:02 | 日々感じたこと | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite