人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

音楽の力からクライアントを守る

音楽の力からクライアントを守る_d0065558_1384720.jpg未亡人で子供のいない90歳半ばのクリスティーナ (仮名)。Hypertensionで、鬱の気も混乱してる気もちょっとある。でも、とてもプライドをもって生きている感じがする。

いついっても綺麗に身だしなみをしている。

彼女との時間の歌は、固くちじこまっていたり、過剰にDefensiveになっている心を、春の雪解けのように、やわらかくし、流れをうんでいた。

今日は、賛美歌を歌った後、神の話になり、それがよりパーソナルな話に向っていく。
いかに彼女っが夫を愛していたか。いかに人生を生きてきたか。
「Too fast」 「あっという間だったわ。みんなちっちゃくて、それが育ち、あっというまにこの年になる。」「too fast, too fast, too fast...」

「I've never talked about my past to anybody.」 (誰にも、私の過去を話したことなんかなかったわ。) 彼女の目が少し潤んでいるようにみえる。

「今 悲しい気持ちになってる?」 彼女は答えない。ただ、私の方をじっとみている。

「それにしても、ありがとう、そんな大事なご主人との事を話してくれて。素敵なご主人だったんですね。」するとそう言った瞬間、彼女の目の色が変わり

「I don't do any bussiness with you. I don't talk about my past.」 (あなたの売り込みにはのらないわよ。私の過去なんて、なんにも喋ってないわ。」

その急な彼女の表情、態度の変化に一瞬戸惑ってしまったくらい。
一体 音楽の後のわたし達の会話の中で、何が彼女に起こったのか?


私の理解は:
音楽は、本人が気付かない内に素早くその人の心に達し、揺り動かし、流れをうむ。
いままで一生懸命守ってきたものを、明るみにする力がある。

それゆえ、とまどいも起こる。
泣くつもりなんか、怒っている自分を認めるつもりなんかなかったのに。
セラピストに対する信頼が十分でなかったり、本人が、本人の向かい合っていなかった見ないように避けていた側面を見る準備ができていなかったら、そういうことが起こる。

クリスティーナの態度の変化が、一つの例。
自分の見たくない感情と向かい合うには脆すぎる状態にくわえて、私との時間を単に音楽を楽しむものとして捉えていたので、実際音楽がやったことに、私の彼女の流れ始めた感情に対する態度に、戸惑ってしまったのだ。「私に一体何をしたの?何で私は、こんなこと話しているの?こんな気持ちにさせられてるの?」と。

音楽の力は計り知れない。
それゆえ、それを専門に扱うわたし達は、本当に注意深くそれを扱わなくてはならない。
クライアントのテンポを見計らい、何が今のクライアントに受け入れられて、受け入れられないのか、把握してセッションの流れを決めていかなくてはならない。

しかし、どんなに注意深くても、音楽の力をコントロールすることは出来ない。

思いがけず、クライアントの心を深く揺り動かすことが多々ある。
そんな時、心を揺さぶられたクライアントが、その感情の波に飲まれてしまわないよう、
それまでに確かな信頼関係を築き、言葉とその存在で、音楽の力からクライアントを守る、とは語弊があるけれど、
- Container -その感情に向き合うために必要な、 安全な空間と場所と機会 -を提供することもセラピストの役割の一つ、といえるだろう。
by totoatsuko | 2006-04-29 12:54 | 音楽療法セッション例 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite