人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

チャイルド アビュース

チャイルド アビュース_d0065558_9454049.jpgこちらでは、家庭内暴力 (Domestic Violence)も、もう少し細かく分かれていて、その一つがチャイルドアビュース&ネグレクト。

最近、これについて少し勉強したのだけど、
親が言葉の暴力や、子供の体を傷つけるものから、セクシュアルアビュース、兄弟が親に加担するケース、そして薬を不適当に飲ませて体調を悪くさせるもの (munchausen syndrome by proxy) まであるのに、驚いてしまった。暴力を振るう方は、子供の頃振るわれた経験がある人が多い。

チャイルドアビュースを行なう方には、色々な心の問題・欲求があるのだけれど、
薬を飲ませるケースにおいては、子供が調子が悪いと、皆が同情してくれる、注意を払ってくれる、それが、親(大抵の場合、母親だそうだ)の「かまってほしい」 「自分の辛さをケアして欲しい」という、無意識、(あるいは、ある程度意識された)欲求の裏返しなのだそうだ。

こちらでは、チャイルドアビュースが起きているのを知っていて、放置するのは、法律に触れることになる。反面、立証するのはなかなか難しいのだけれど、少なくとも、実際起きているかどうかインタビューしたり、証拠をファイルしなくてはならない。

立証されれば、Child Protective Services (CPS)という所から人が派遣されて、子供を親から引き離すか、そのまま監視下におくか、など対処方法を決めていく。法廷がかかわってくることもある。


セラピストとして、これは、慎重に扱わなくてはならない事柄だ。
「妻に、夫に、子供に、暴力を振るうのを、やめたいけど、やめられないんです。」
そう、誰からも隠れて行なっている家庭内暴力を、なんとかしたい、と思ってセラピーの場で打ち明けているのに、それを外部に報告してしまったら、セラピストへの信頼もなくなってしまうだろうし、その行動の裏にある心のもつれは、永遠に解決されなくなってしまう。

セラピーに来て、「この問題にとりくみたい」という人は、大抵、それがよくないこと、と頭で理解しているし、やめたい、と思っている。でも、やめられないのだ。

頭は心を支配しきれない。


今までの経験では、セッションを始めて3回目以内に、その人の暴力行為が変わっているので、真剣にそのジレンマに悩まされたことはないのだけれど。

日本の法律は、どなっているのだろう。。。
by totoatsuko | 2006-04-11 09:45 | 日々感じたこと | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite