人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

It's all right...really?

It\'s all right...really?_d0065558_1341693.jpg集団登校中に2人の子供を殺してしまったお母さん。
まわりは、相談を受けたりして、彼女が悩んでいた事に気付いていたみたいだけれど、誰も彼女が専門家と話しをしにいくことを薦めなかったのか、専門家がその地域にはいなかったのか。

専門家に話をしに行くほどではない、と本人も周りも思っていたのか。真実は分からない。

でも、案外そういう人が多いのだと言う事を経験上知っているから、声を大にして言いたい。
ほんとうに、たくさんの たくさんの人がいるのだ。

セラピーに来てみて、初めて自分がどれだけ沢山のものを抱え込んでいたか、ぜんぜんit's all right (大丈夫、耐えられる)というレベルではない自分の心の状態に気付く人が多い。

友達などに聞いてもらったり、アドバイスをもらったり、飲みにいって鬱憤をはらしてるから、自分は大丈夫だと、専門家に話しに行くほどのことではない、、、
と思っていても、ある日取り返しのつかない事が起こってしまうのだから。

あまりに心を頭でコントロールし、心の訴えをおざなりにしていると、
いつか心が反逆を起こし、頭ではどうしようも出来なくなってしまう。

先程の投稿にも書いたけれど、日本でセラピーに行くには色んなハードルがありすぎる。
スポーツジムのように何処にでもあるものではないから、いい人を見つけるのは一苦労、見つけても場所や時間帯、値段で都合がつかなかったり。

それでも、それでも、自分で「ちょっと辛いな」「何かおかしいな」と思ったら、なんとかその人がいい専門家を見つけ出すこと、あるいは出会う事を願ってやまない。

人生は一度きりなのだから、辛い状態を永遠にひとりでひっさげて生きていくのではなくて、人生のある一定期間、専門家の力をかりて、なにか道をみつけだすのは、priceless。

死んでしまったり、誰かを殺してしまったり、落ち込んだり、悩んだり、迷ったり、自分らしくない自分で自分の人生を生きていくのを考えたら、セラピーに行って、心をケアすることは、お金に変えられないほど価値があることだと思う。

セラピーに行くのは汚名でも何でもない。
ただコロロの健康をバランスをとろうとしているだけ。
より自分らしい人生を、より豊かに生きていこうとするだけ。
by totoatsuko | 2006-02-24 13:12 | 日々感じたこと | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite