カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

映画 インセプション x GIM

d0065558_10010572.jpg
2010年に公開された クリストファーノーラン脚本の インセプション 

かなりざっくり、しかも偏った視点からの纏め方になってしまうけど
顕在意識より深い意識の層 (altered state of consciousness)の中に入って、
過去の出来事に対するperceptionや記憶、feelingの色合いを変える操作を行って、
その結果、顕在意識レベルでの世界の捉え方、生き方を変える、というミッションが描かれている映画

他人が恣意的に操作しようとするところは全く違うのだけど、、、
自分のための変容のプロセスの途中で、
その変容を邪魔しようとするキャラクターや事故、
変容の価値を疑わせ、止めさせるための正当な理由を自分自身の心理的要因が創造したり、
そのプロセスが危険に満ちたものであり、とても繊細で、予想もしないようなハプニングが起きていくたびに
自分自身がそれと向かい合い、死にそうになりながらプロセスを前に進めて行くようなことろ
激しい葛藤
和解

そんな要素が、GIM/音楽心理療法の作業・プロセスと丸かぶりしている、と思いながらみていました。 

GIMのような深い心理プロセスが、こんな壮大な映画として、しかもメジャーなハリウッド映画として8年前に作られていた(クリストファーノーランは鬼才だと思うので、少し王道ハリウッドエンターテイメントとは一線を画しているという印象だけど)、というのに、私は今ちょっとした衝撃を受けています。

とはいえ、映画の中でも描写されているように、その深層心理の変容プロセスの”体験”はいつでも、自分自身の抵抗によって中断されたり妨害されたりする。
altered state of cosciousness の層での作業は、不安定で巧妙で壊れやすく繊細でありながらパワフルであるがゆえに、
映画の中で最終的に起こるような 内的な”変容” ”和解” ”resolution" に心理療法プロセスを通して行き着くには、
クライアントもセラピストも、相当な経験を通り越すことになる。

映画の最後の方で、全員が飛行機の席に戻った時
ああそうだった、今まで潜在意識の出来事をみてたんだ、と思わされたところに、この映画の作りの巧さを改めて感じました。

夢を見ている時は、多くの場合、夢をみていると自覚していない。
それくらい顕在意識から離れたところまで降りていって必要な心理作業が心理療法セッションできると 
(そのためには、セラピストや音楽に対する信頼の度合いとか、自分がreadyかどうか、等様々な要因がセラピーの作業の一環として構築する必要があ理、それがまた大きな仕事なのだけど。映画では、その要素は薬品とマシンに委ねられていた。)
本当に、”今” の感覚が変わる、自分や人、世界に対する感覚が変わる、というのは私自身のGIM体験から言えること。








[PR]
by totoatsuko | 2018-10-23 10:35 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite