カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

Another good-bye for now

d0065558_06164141.png私の音楽療法の恩師の一人がこの世を去りました。
早すぎる旅立ちでした。

デンマーク訛りのストレートな英語で、辛辣かつ深い愛情を持って音楽療法士としての知識と経験とプロフェッショナリズムを伝授してくれました。まだまだ甘ちゃんだった私にはグサグサ刺さることがいっぱいあったけど、彼女の愛情の大きさがあったからついていけた。

日本に講演に来たときにウチに滞在して、お返しに、とスーパービジョンをしてもらったり、私がニューヨークに用があって行ったときは、家に泊めてもったり、いきなりスカイプにメッセージして来て頼まれごとしたり。

容態が悪いのは聞いていたけれど
今朝その知らせを聞いたときは、声を出して泣きました。

もう何年も直接会話していないのに。

もう一人の私の恩師でもあり彼女の夫が書いていました。
Viking warrior woman, music therapist, proud Dane, mother to many, and the shining star of my life--passed away early this morning in the embrace of us.

彼女の形容詞を読んで、まさに! という感じで泣き笑い。そしてさらに涙が。

本当に、ワイルドで、直実で、一生懸命で、そしてすごくtalented。
唯一無二の存在。
真相をついた鋭い事を言っているのに、それは生徒やクライアントの事を思ってのことだというのが伝わってくる
溢れる愛のある人でした。

辛いのは、彼女を知っている、彼女の死を悼んでいる仲間と顔を合わせて一緒に彼女の事を語って、一緒に泣けないこと。
救いはfacebookのコミュニティーを通じて、自分の気持ちを反芻できる点。

もう全然会っていなかったのに、実際この世からいなくなったと思ったらこんなに涙が出てくるなんて。

この人は、と思える師に出会い、その人と深い関係を築ける、というのはそんなにたくさんはないことです。

「また今度とか、そのうちにというのはないのよ、後悔のないように人に接しながら毎日を生きることよ」

あの独特な感じがフレッシュに聞こえてくる。

彼女が残した論文やペーパー、本は私の本棚にあって、いつでも読める。
彼女から受け取ったものは私の中で生き続ける。




[PR]
by totoatsuko | 2018-04-18 21:24 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite