人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

The Notebook

The Notebook_d0065558_3285989.jpg週末みたDVD 「The Notebook」

老人ホームに、きちんとした身なりをした品のいいおばあさんAllieを訪ねてくるボランティアがのおじいさんNoahがいる。お話、を読んであげるのだ。
Allieは、痴呆のため、何も思い出せない。
自分が誰で、どういう人生を歩んできたかも分からない。

毎回数ページずつ読み聞かせる内容は、
いろんな困難をのりこえて結婚する、深く愛し合っている若い二人の話・

実は、それは、Allieが呆けてしまう前に書きとどめ、最後に
「Noah,私が呆けてしまったら、これを読み聞かせて。きっとあなたの事を思い出すから」
と結んであるNotebookだった。

Allieは、たまに、ほんの5分だけ、そのボランティのおじいさんが、彼女の最愛の夫、Noahであることに気付く。Noahは、その5分のために、ひたすらAllieの書き残した彼らのHistoryを読み聞かせる。ほんとは強く抱きしめたいのに、Allieを怖がらせないようにするために、他人のふりをしなくてはならない。深く愛し合っていたがゆえに、繋がれないもどかしさ、悲しみ。
痴呆になって、最愛の人を自分の人生をこれっぽっちも思い出せない心の痛み。



翌日 ハンバーグの具をこねながらふと、ひらめいた。

「結婚はProcessだ。」

まぁ、厳密には法的に結婚してる関係に限定して言っているわけではないけれど、、、


結婚にあこがれている人の中には、結婚という ・ (点)を体験する事が目的になっている人もいる。
結婚という心の中に作ったオブジェに、夢や希望が溢れていて、それに見合うものを探している。
でも、結婚は ・ なんかじゃない。
だって、止まってない。
だって、変化する。
自分でコントロールできるものじゃない。

そういうひとは、永遠に 理想を手に入れられない、きっと。

あれこれ理想をえがいてあこがれ努力をしても、結婚に限っては、その通りのものを創れるとは思わない。
だって、違う人間が深く関わっていて、そのひとを駒のよう自分の理想の構築のために利用することは出来ないし、第一、人生を重ねるごとに、理想や幸福感なんて変わっていくのだから。

創っていくプロセス、その日々のあゆみそのものが、結婚なんだと思う。

毎秒 毎秒 それぞれの人間は変化していて、それがMargeしたり火花を散らしたりして、結婚の色合いが変わってくる。
二人の人間が、共存し、深くかかわる事によってのみ、創造されるものがある。
いつもいつも楽しいものではないかもしれない。
強くならなくては耐えられなくなるときもあるかもしれない。
でも、理想の・ を追い求めて生きているよりは、はるかに充実していると思うし、
姿勢次第で、そのプロセスは、楽しく感じられるものだ。


試験管に異なる物質を入れて、それが時間と共に、ゆっくりと混ざり合い、異なる匂い、texture、色合い、tasteをつくっていく。最後には、最初別々だったものとは、似ても似つかないようなものになっている。

The Notebook_d0065558_627194.jpgその変化のプロセスが、結婚のうまみなんだと思う。
深く関わって生きてきた二人の、
個人として、そしてカップルとしての変化のプロセス。
本物のうまみは、
しょっぱい岩塩や、
香り高いスパイス類
こくのあるバター、
涙と鼻水が同時に出てくるくらい辛いチリ、
舌がとろけそうなくらい甘ったるい蜂蜜、

そんな色んなものから、構成されていると思う・

ここで使った「結婚」という言葉は、「人生」という言葉にも置き換えられるかもしれない。
幸せは夢見るものではなく、はぐくみ、感じ、分かち合うものだ。

そして、セラピーも、プロセスである点については、おなじことがいえる。
by totoatsuko | 2006-02-07 03:31 | 日々感じたこと | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite