人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

ちょっといい話

 ちょっといい話_d0065558_13525637.jpg発達障害のあるお子さんとの10分間のセッションの翌日、お母さんからお電話をいただきました。

「昨日なにか特別な事をなさいましたか?」

お話をきいたところ、
いつも帰宅後はおもちゃを部屋じゅうに散らかして、TVをつけて遊ぶのに
その日は、お母さんが夕飯の準備をしている間じゅう横にいて、お話をしてくれたのだそうです。まさに静 と動。

それから、夕食では、嫌いでいつも食べない野菜を、文句も言わずパクパクと食べ、
いつもは電話で話したがらない相手に、電話をかけてくれるようお母さんに頼み、電話口では、先日品ものを送ってくれたお礼を、丁寧に伝えたのだそうです。

話は、ここで終わらず、いつもは下の兄弟とケンカを始めるところ、
その晩は、ケンカをふっかけられると、口に人差し指をあてて「シーッ」となだめたとか。


セッションでは特に、何か魔法をかけたわけでもなんでもないのだけど、、、
ただ、彼女のたたくドラムのリズム、テンポ、ダイナミックスに全身全霊をかけて注意を払い、
音に転換された彼女のコトバに耳をそばだて、彼女のみせてくれた“世界”に入って、
おなじ言語を使うことを試みをしただけ。

もしかしたら、
彼女がイニシアティブをとるまで待ったり、
彼女のやり方を尊重して、彼女のやり方でコミュニケーションをとろうと、
こういう形で試みた人は、彼女のこれまでの人生でいなかったのかもしれません。

発達障害があると、人生のうち、いつも物事を教えられて、その通りできるように努力をしないといけない状況が、多々あります。

そんな中で、あの10分間は、他人が、彼女のやり方を学び、より沿おうとした、
彼女にとって新鮮な体験だったのかもしれません。
ああ、自分のやりかたでも、人にわかってもらえるんだ、分かろうとしてくれる人がいるんだ、
自分のやり方で自分を表現していいんだ、って。

どんな人だって、自分の事をわかって欲しいひとに分かってもらえなかったら、
すごくフラストレーションがたまるでしょう?怒りっぽくもなるでしょう?
何で分かってくれないの!って声を荒げてしまうでしょう?

こんな信じられないような変化が、セッション毎に起こるわけではないのですが、
こういう時間を繰り返し持つことによって、
長期的に見たら、その子の世界観や、自分の中の自信に、大きな影響を与えていくのだと思います。
by totoatsuko | 2006-01-31 14:20 | 音楽療法セッション例 | Comments(2)
Commented at 2006-02-06 13:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-02-19 23:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite