人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

大事なものは ”所有しない”

大事なものは ”所有しない”_d0065558_13491408.jpg
When you like a flower, you just pluck it.
When you love a flower, you water it daily. ~ Buddha

あなたが 花が好きな時 あなたは その花を摘む
あなたが 花を愛する時 あなたは その花に毎日水をやる ~仏陀


なるほど、
道を歩いていて、あ、この花きれい~ と思って
その花が生きている、根を張っている場所から摘みとって ”自分の手元に少しの間でも置こうとする” とき
その花がそこにあり続けられることで、その花が摘み取るよりもより長く生き続け、
花が枯れてからも、その花の種が土に落ち、次の芽に繋がってい事や
その花がそこにあり続けることで、蜜を虫たちに与え、自分以外の道行く人達の心を和ませる事が出来る
という風には考えていない。

その花が、”美しく咲いているその瞬間” が好きなだけ。

本当にその花を愛するのであれば、
その花を ”自分の所有物” にするのではなく
自分がその花の所に行き、日々水を与え、その成長をはぐくみ、
その変化を追っていく事に喜びを感じることが出来るかもしれない。


無意識に、自分の子どもを 自分の”所有物” のように扱い 
無意識に、子どもの成長や 変化 自分から離れていく ”自立” を妨げているケースがある。

親子関係だけでなく、夫婦や、同僚、友好関係でも そういう現象は起きている。

花(人)を摘み取っても、本質的にその花の美しさを ”所有” することは出来ない。
花(人)は、ずっと同じ状態にはいられず、変化する。
一瞬の刹那でもいいから 花(人)を自分のものにしてそばにおくことで 自分をいい気分にさせよう
そんな風に花(人)に対して思っていたら
次から次へと、咲いた花(自分にとって美しいひと、都合のいい人)を とっかえひきかえしないと
自分はいい気分を保てない。 

なんて、周りの状況に振り回される不安定で壊れやすい心の状態なんだろう。
そして、もう美しくなくなった花(人)には用はなくて、捨てる、ゴミ箱に。
なんて、残酷なんだろう。 
そういう事に心が痛まない というのは 無意識の内に、どこかの感情のスウィッチがoff になっているからこそ可能なのかもしれない。そうなっているかどうかは、無意識だったら気づくすべもないけれど。

対象を愛しているならば、自分にとってとても大事な存在なら
”所有しようとせず” 対象物のboundary (境界線や領域)を侵略せず、
尊重し、見守り、育み、寄り添うことで その大事な対象と長く深く豊かな関係を築くことを楽しんでいけるはずだ。



幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session
についてはコチラ   
.
.
    

by totoatsuko | 2016-11-08 14:33 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite