人気ブログランキング |

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

感情をぶつけあいつつ 冷静なときに対話しつつ

子ども達同志の小競り合いは いつも子ども同士で解決するように促しているのだけど
夏休み 兄弟が一緒にすごす時間も長く いつもよりほかの子ども達と交流する時間も少なく
私も巻き込まれて 頭から湯気が出るくらい怒って・・・

どうして私たちは家族というチームなのに、
仲間の事を挑発したり おちょくったり 
ばかにしたり 嫌な事やるの!?

そう言ったら、 彼らから見て納得がいかなかった過去の私の言動を持ち出してきて
今はその話をしているのはない、と言っても らちがあかない。

いいかげんな所で 言い合いの真ん中でも 場をあける
違う場所に移動して 強制中断する
それでも 追いかけてきて 怒りをかぶせたりするメンバーもいる

ほんとうに 気絶するんじゃないか ってくらい頭に血がのぼって
いけない いけない こんなことに こういう風にエネルギー使いたくない、と思う。

そうこうしてるうちに お腹がすいた、とか、明日の予定は~だから
とか、家族間の連絡事項で 全く違うやりとりをして


それぞれが カナリ冷静になったところで 改めて話をしたりする 個別に。


家族というチームを成長させるには、色んな出来事がおきるんだな、当然だけど。

誰が上とか下 とか 本質的にはそんなのなくて
大人であれ、子どもであれ、一人ひとりが 一人の人間で それぞれが一生懸命生きていて
その中で 家族に対して真剣に向かい合って ぶつかって 
許し合って 学んで 成長して そういうのやってこそ
自分たちだけにしかない 家族の歴史と文化がつくられていく。

こどもは そこで人間としての土台をつくっていくのだ。
病んだ心をはぐくんでしまうかもしれない可能性だってある。

親はカンペキ じゃないから
ヘルシーな心の人間にさせることは出来ないけど
せめて 子どもが ”自分の心 おかしいな” って気づく力
自分で自分の幸せ壊しちゃう心の状態・構造になってる って気づく力
そして専門家の所にいく くらいの判断力とか決意を持ってくれるといいな 
と願うばかり。


子どもと向き合ってると つらいなぁ~~  ときどきそう思う。
そんなときは 仲間に支えてもらう。

うれしいことも たのしいことも いっぱいある。
そんなときも 仲間に共有する。


心 って難しく感じるし 実際難しくもあるけど
おそろしく シンプルで 素直なものでもあるから。

音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/

http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/


幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。
.
.
.
    

by totoatsuko | 2016-08-08 15:01 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite