人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

チームメイトとして何が貢献できるか?

チームメイトとして何が貢献できるか?_d0065558_15201520.jpg
家族はチームメイトだと思う。
それぞれの個人的なアクティビティー (仕事や習い事など)は、自分で頑張るしかないけれど
家族としての時間 -例えば 一緒に食事をするとか、出かけるとか、家を整った状態に近づけるとか
に対しては、家族チームとしての事柄だから、みんなで それぞれが出来る事を協力してやっていきたい、と思う。

先日、私が料理をしていたら、子どもがソファーに寝っころがってマンガを読んでいたので、
話し合いをすることに。

家族なんだから、私が食事の準備をしている時に何もしていないのはおかしいんじゃないかな。
家族はチームだから、それぞれのチームメイトが、
家族として時間を過ごすために自分は何が貢献できるか考えて動いてほしい、という話をしました。

そしたら、机の片づけとか料理とか 自分はうまくできないからやらないんだ、疲れてるんだよ

なんて事をいうので

その考えには賛成できない。
みんな それぞれ自分の事をやって それなりに疲れてるし
うまくできない から チームのアクティビティー(食事を準備して食事をみんなでとる)に参加しない、
というのは私は理由にならないと思う。 
下手でも、なんでも、自分が出来る事を一生懸命やればいいし、
やり方が分からなければ誰かにきいて教えてもらえばいい。

うまくできないからやらない、というのはおかしい。
それに、やらなかったら永遠に上手に出来るようにならないし、仲間と一緒に料理するのは楽しいよ。自分で気軽に料理をすることが出来るようになったら、チームメイトのために何かを作って喜んでもらう事だって出来るんだよ。

誰かのために自分が何か貢献できる というのは 誰かのためなのではなくて
自分の喜び 自分を満たす行為でもあるのだから。


チームメイトの事を思って、チームとして楽しい食事をしようとおもってチームに貢献している人の横で
よそ者のような顔をして まったく異なるアクティビティーをしていて
それでもって 食べるときだけ仲間の顔してはいってこられるって なんか嫌な感じ。

でも、お母さんって料理する人でしょ? と子どもがいうから
誰もそんなこと決めてないよね? 料理は子どもがやったって別にいいじゃない 
実際 あなな達、時々 自分たちで食べたいものを食べたい時につくって食べてるじゃない  
というと

でも、友達の家 みんなそうやってるもん と言うから
友達の家がそうだからって ウチもそうだ ってことはないでしょう? 
あなたの一部の行った事がある友達の家と、私たちが違う所っていっぱいあるから、
料理のところだけ 一部の友達の家のルールをあてはめるのは変じゃない? 
と私は答える。


サッカーやってて そう思わない?
チーム練習には参加しないくせに、試合になったら正規メンバーのような顔して出場してきたって
その人はチームの事をちゃんと理解出来てるわけないし
一緒にワークする経験の積み重ねがないから チームワークうまく働かないし、信頼関係ゼロでしょ。
というか、そもそも ”一緒に練習しない”チームメイトなんて 存在しない
それは チームメイト っていわない。

チームとしての目標を それぞれが”共有” し ”理解” し
よりよいチームになるために一緒に取り組む 
必要なときは、 ”チームとして” 戦い 難しい局面を協力して乗り越えていく。

チームの一員として何が貢献できるか、という意識がない限り チーム(家族)としての成熟 はない
そう思う。





アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。

音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ
by totoatsuko | 2015-12-12 16:25 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite