人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

その人の音楽を知ることで その人を知っていく

その人の音楽を知ることで その人を知っていく_d0065558_111534.jpg
Song one という映画と、Rudderless、という2本の映画を DVDで見ました。

Song one (邦題:ブルックリンの恋人たち)は、音楽バカでギター弾きの青年が、家族に反対されながらも大学を中退して、ストリートで自作の歌を歌っている。その彼がある日交通事故にあい意識不明になったことで、その姉と母が、彼が好きだった音楽は何だったのか?彼はどういう世界を生きていたのか? という事を初めて知ろうとしていく。それまで、彼の音楽に全く興味を持たなかった彼女たちが。

彼が好きだったアーティストの音楽、彼自身が作った歌を知っていく過程で、彼の事を知っていき、そして姉や母が自分自身の過去を振り返り、家族の事を振り返り、未来をみつめていくJourney が始まる。 

Rudderless (邦題:君が生きた証)は、両親が離婚し、母親と暮らしている大学生がある日突然亡くなる。父親は多忙なビジネスマンだったのだけど、それを期に仕事をやめる。そして、ある日 息子がかいてた音楽の楽譜や録音を見つけて、自分自身も若い頃弾いていたギターを弾き始める。もう死んでしまった息子の歌を練習し歌うことで、離れて暮らしていた、仕事が忙しくてほとんど本質的な関わりをしてこなかった息子の事を知っていく過程で、彼自身が自分の過去と未来を見出していく。

何気なく借りてきたDVDがはからずも、どちらも、
音楽が 命が消えそうな人、亡くなった人と 今生きている人をより強く結びつけていた。


あの人が好きだった曲を自分が知っていく事で、
あの人の近くにいれるような気がする、
あの人が感じていたことに触れる事が出来るような気がする、
それも、心の深いレベルで。

あの人が好きだった曲を聴くことで
心が深く カラフルに揺れ動き
もう繋がれない、もう会話をすることができないあの人と 音楽を共有して 共鳴して、共感しているような
とてもスペシャルな気持ちになることが出来る。

もう肉体的には会えない事の悲しみのどん底のなかで
スピリチュアルなレベルで 出会う事ができるような感じ。

映画をみながら、
音楽療法では、そんな音楽の特別な力を利用して ”セラピー”というプロセスを行っているのだということを改めて感じつつ、その映画の中で歌われる音楽によって作られてい行く登場人物の物語に心を共鳴させた。






アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス
 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。

音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ
by totoatsuko | 2015-11-23 11:02 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite