人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

自分の ”物語” を 語る 1

自分の ”物語” を 語る 1_d0065558_8411030.jpgセラピーのプロセスを通して、自己肯定感がはぐくまれ 自分が自分であることを自然体で出来るようなったりします。

アートセラピー、ミュージックセラピーでは
”セラピストの言葉によって” だけではなく
(たとえば、 ”あなたは凄く頑張ってますよ!” ”ありのままでいいんですよ” という類のもの
認知療法的に 本人の言動を整理して 間違った事をしていないことを理論的に証明する方法)

本人が絵を描くこと、自分の音楽を紡ぐ体験を通して 
自分の存在を ”自分で感じ” 自分を知っていき 自然と私はわたしでいいんだ 
という気持ちが内側から育まれるのです。

自分に自信がないと、
”まわりの反応” がいつも気になって、周りの人がどう思っているか こう思っているんじゃないか
こういう風にしたら怒られなくて済むんじゃないか 
などという考えで頭がいっぱいになっていて

実は、自分が一番 自分が自分の事をどう思っているか なんて考えたことがない場合があります。


セラピーセッションの中で
じっくりと自分の世界に浸かる 
最初は、それすらも怖く感じて出来ない場合があるけれど、 それはそれで、自分がそうなんだ、と気づくことに意味がある。 自分の恐怖に気づいたら、感覚的に怖がっている対象が何か 知ろうとすることが出来るから。 そして、その対象(自分自身の中に自分が作り上げた何か、なんだけれど)を知っていけば、もう怖くはなくなる。

(続く)





アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス
 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。

音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ
   
by totoatsuko | 2015-11-11 10:35 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite