人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

ヒロインジャーニー:Baba Yaga ・ 闇の魔術は魅力的

ヒロインジャーニー:Baba Yaga ・ 闇の魔術は魅力的_d0065558_22355175.jpgFrom Girls to Goddess : The Heroin's Journey Through Myth and Legend (2010)  Valerie Estelle Frankel の本の中に Baba Yaga という魔女が出てくる昔話が紹介されています。

ものすごくざっくりストーリーを要約すると

後妻さんが、前妻の子ども達を忌み嫌い、夫の目を盗んで日々さまざまな嫌がらせをした挙句
おばあちゃんの家に行っておいで、と命じるのだけれど、
それは、人間の子どもを食べてしまう魔女でした。

女の子は一日中機織りする事を、
男の子は水を汲んでくることを命じられていましたが、
動物たちの助けを借りてやっとのことで魔女の家を脱出し帰宅する事ができました。
そして、後妻の意地悪を実父に訴え、後妻を追放しました。

しかし、追いかけてくる魔女から逃れるのが本当に大変だった。
子どもたちは、まだ魔女の世界と自分たちの世界の境界線エリアにいるから
魔女の魔力は有効で、魔女に取り込まれそうになる。
魔女の仲間もうようよいて、魔女の家へ連れ戻そうとする力がいっぱい働きかけてくる。

一度、魔の世界にいくと、帰ろうとしたときの、帰る道筋がなく、命を落としたり、
自分の後ろ髪を引くものを振り切ることの辛さに耐えられず諦めたり、
それはそれで辛いけど魅惑的な魔の世界に戻る決断を自分でしてしまったり
と、元の世界に一回り成長して凱旋しようとするのは、とても困難かつ危険なプロセスなのです。

女の子も、男の子も、忠実に魔女のいう事を素直に聞いて
家に帰りたい、という願望を抹殺し、言われるままに魔女の世界で生活していれば
魔女に気に入られ、魔女の考え方や価値観に染まり、
魔術を教えてもらい、人間の世界では不可能なことを可能に出来る力を得ることができる。

様々な魔術を使いこなせるようになり、様々なものを魔法によって自分が思うように変え
自分がものすごい権力や力を持っているような気持ちになれる。
闇の世界の住人になった今、
それが自分が元いた世界からみれば、
使い方によってはその悪魔の力になりうる事には気づかない。

闇の帝王は闇の帝王でしかない。
怒りや悲しみ、フラストレーション、苦悩と痛みが、魔力の源で
永遠に日の目を見ることができない生き方なのだ。

最初は、魔の力によって負傷し、魔の力に立ち向かおうと志を持っていた人が 戦いのために魔の力に近づいていき、魔の力を知っていく過程で魔の力に魅せられて、魔の帝王になった主人公はたくさんいる。

よく知られたキャラクターの一人は ダースベーダー
政治家でも 腐敗をただす! と立ち上がった人が その渦中の人になっている事がある

著名人として振る舞い、人気を得る事に成功していても
一人の人間としての家族や友人との関わりを築く過程を生きることは地味な内容で
有名であること とか コネ とか、そちらの世界で威力を発揮している魔術は必要とされていない。
聞こえがいいセリフも、スマートなパフォーマンスも、あえて真の繋がりをつくるのを邪魔してしまうような
魔術がない世界で紡がれる人間関係は
魔術の世界のスリリングで刺激的な生き方かたみたら、日常はかったるいものに感じられ、
こちらの世界に戻るインセンティブも感じなくなる。


Baba Yagaのお話しに出てくる女の子と男の子は、家にかえろうと策を練った。
しかし、この ”もといた世界に戻る” という過程は、その世界に入っていくよりも困難なのです。

魔女は必至で追ってきます。魔術をつかって引き留めようとします。
どんなに抵抗しても、自分たちの力だけでは抵抗しきれません。
動物や植物のたすけがあって、やっとのことで魔女を振り切ることができました。


Hero's journeyの理論を書いたJoseph Campbell も書いています。
魔術や闇はとても魅力的で引力が強烈であるから、
平凡で魔法もなにもないように見えるこちらの世界に戻ってくる、
その過程を生きるのは困難を極める、と。


メドゥーサのエネルギーも、生と死の境のエリアではなく(国境の門や、玄関、オーブン、などの魔除けとして、メドゥーサの顔を彫刻したり描かれていた時代もあったそうです)
現世に連れてこられて初めて、彼女のエネルギーはクリエーティブな効果を生むようになりました。
しかし、その首を切られ、連れてこられるまでの”過程” では、たくさんの勇士が命を落とす、困難を極めるものでした。


魔術自体が悪いものではありません。
闇や苦しみと向かい合い、その世界を生きた経験がある人にしか発することが出来ない魔法のことばや、行動や、エネルギーがあります。しかし、その世界に飲まれたり、そのエネルギーの力の上に胡坐をかいて座っていては、気付かないうちに自分の魔力が自分を滅ぼしてしまいかねないのだと思います。





アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス
 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。

音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ
by totoatsuko | 2015-07-05 10:07 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite