人気ブログランキング |

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

知識があるのと、実践して経験して理解しているのは違う

知識があるのと、実践して経験して理解しているのは違う_d0065558_13445157.jpg
Vipassana meditation の先生、Goenka氏が紹介したストーリー。

あるところに漁師と、海洋学の博士がいました。
海洋学の博士は、どこの学校でも勉強したことがない漁師に高飛車な態度で
海洋学は知ってるか? 船舶について学位は持っているか? 天文学は?と、
自分が学んできた海についての知識の学位を持っているか漁師に立て続けに聞きました。

答えは、全て No, Sir. でした。

博士は、漁師さげすむように見て、よくそれで漁師が務まるな、と言いました。

漁師は博士に聞きました。
海で泳がれたことはありますか?
釣りをされたことがありますか?
海の上で嵐にあったことや、夜明けの太陽を見た事はありますか?

答えは、全て No. でした。

漁師は何も言いませんでした。
      ***

どんなに素晴らしい知識を持っていても、どんなに素晴らしい理念を持って、それを他人に喋る事ができていても
それを実践していないと、その理念を地で生きていないと、その人の言葉はとても薄っぺらく感じます。

心理療法は、その方法である程度深いプロセスを行った事がある人ではないと、それが何なのか、はほんとうの所分からないでしょう、どんなに本や人の体験談を聞いても。メディテーションも、同じだと思いました。

心理療法などの知識を持っていても、心をマスターは出来ません、
ましてや人の心のプロセスを促す役割を行うことなんかできないし、
自分の心を思うようにコントロールすることは出来るようになりません。

エリザベス・キュブラー・ロス という、死ぬ瞬間、等のベストセラーを生んだ死生学やグリーフ学の権威の女史がいます。
死ぬ前に、人はどんな心理を体験するか、という事を分析に、どういうプロセスを経れば心穏やかに死に向かって歩いて行けるか、という事について沢山の本を書いています。
しかし、本人が亡くなる前の期間、本人は死を恐れ、激しく葛藤をしていたそうです、
彼女の、グリーフ等の学術的な知識がない患者さんたちと同じように。

彼女は、頭でしか死ぬことを捉えられていなかったのかもしれません、
近づいてくる死を受け入れ、穏やかにその道をあるいていける”自分になるため” の方法を理論的に知っていても、
多くの人に、数えきれない回数の講義を行っていても、
彼女は、自分が作った理論を自分に対して実践しなかったからかもしれません。

世の中には、沢山のやり方のメディテーションがあり、沢山のメディテーションのやり方の教え方がある。私は、ある程度、寄り添って教えてもらい、ある程度真剣にとりくんでメディテーションで体験しうる深い感覚のほんのさわりだけでも体験しないと、メディテーションが何なのか気づくことができないのではないか、と思います。

誤解したまま、こんなの効果ない、と辞めてしまう人は沢山いると思います。
それも、また、その人の選択で、その人の生きる道を作っていると思います。

世の中には、自分の知らない世界がいっぱいあって、いろんな生き方があって、、、
それなのに、それを認めず、自分の限られた視野から偏見で見てる事がたくさんある。

その偏見を、ネガティブなエネルギーにして相手にぶつけ、自分が優位に立っているように感じようとしたり、
本当は知らないことの不安を隠すために大仰に振る舞ってみたり
自分が知らないことを知っていそうな相手を無意識に潰そうとしたり、、、
残念なやりとりが沢山あるな、と思います。

心の中心が穏やかであれば、自分が等身大の自分を受け入れられていたら、
そんなネガティブな攻撃は減らすことができる、
みんなが、よりお互いを思い合って生きていけるのではないか、と思います。


個人的には、メディテーションからの働きかけは、大地がゆっくりと何万年もかけて移動していくような感じなので、簡単にはその変化を感じられないかもしれないし、心の状態によっては、全く感じられなくて、メディテーションの意味が分からないかもしれない、と思ったりします。その点、音楽心理療法は、もうちょっと手っ取り早く自分の心にとっかかりを見つける手助けをしてくれるのではないかと、セラピストの色眼鏡もかかっているとは思いますが、そう感じます。

メディテーションで得られることの中には、心理療法では得られないかもしれない、
と思われる何かも感じています。


アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。

音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ






by totoatsuko | 2015-01-16 08:04 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite