人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

過去への理解は現在の経験により変わる

過去への理解は現在の経験により変わる_d0065558_00205261.jpg
過去に関する経験は、現在の経験によって色合いや意味合いが 自分の中で変化していく事があります。

当時以降、自分が経験したこと、感じた事、の積み重ねで出来ているフィルターを通して 過去を異なる視点で捉えるからです。

レンブラントの絵だけをみていて、その光と影の絶妙なバランスや、厚みのあるタッチに心が動かされ、その技法を学ぶ。
その後、自分自身が、印象派の油絵具の使い方を学んだあと、もう一度 レンブラントの絵をみたら、
レンブラントの光の描き方、タッチ、構図、などなどを、全く違う視点でとらえる自分がいるはずです。

死に直面するような出来事を経験している最中、そして、その直後は、自分自身が暗闇に突き落とされていて、天から見放されたような、絶望を感じるでしょう。そこから少し抜け出したとき、思い出したくもない、口に出して語りたくもない、忌むべき出来事として自分の奥底へ葬りたい出来事のように思うでしょう。しかし、その辛さの先の将来=今、その辛さがあったからこそ切り開いていった自分の生活が満たされたものであれば、過去のこの出来事に対する色合いは、過去の自分の思いとは変化している事でしょう。

同時に、過去の出来事に囚われ、嫌なのに無意識にしがみついていると、前に進めず、苦しい状態が将来=現在 に続いていたなら、その状態もまた、過去の辛い出来事にさらに輪をかけて暗雲立ち込めたひどい出来事だったと塗り替えられることでしょう。

とてもとても楽しい過去の出来事も、今 その延長線上で起きている事が最悪な状態に繋がっていたら、
当時は 最高の経験をしている、と感じていても、なんで あんなバカな事をしていたのだろう、という忌むべき思い出として塗り替えられるかもしれません。

私たちは常に変化しています。

アートや音楽を即興で作っているとき、その展開は自分自身が主導しているようでもあり、予期せぬハプニングが起こり、自分の思い通りに行かない状態にもなります。そして、即興を続けているかぎり、それを 自分はどのように受け止め、自分の即興をつくっていくのか、が その自分の即興の音楽として反映されていきます。

生きている事も、即興音楽、即興制作に共通するところがあります。
ある一定のルールに従って生きていますが、どのルールに従うのか、どのくらいルールからはみ出すのか、全て 私たちは 無意識にいろんなことを決め、その瞬間 瞬間 人との関係も、仕事の仕方も、子育ても、介護も、 料理も、お掃除も行っています。


即興で自分らしく生きていい、という自由を与えられているのに、
自分を害するような価値観や感覚のパターンにしばられて、どうどう巡りの音楽を奏でているかもしれません。

音楽心理療法は、そんな自分の気づいていないパターンや、処理しきれていない感情の渦を、
言語をつかった会話だけではなく、音楽やアートを使って その人のペースでひも解いていく、その人らしい苦しくない生き方を自分でつくっていく そんな心のプロセスを促していきます。



アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。

音楽とアートを使う心理カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ









by totoatsuko | 2014-09-19 09:45 | GIM:音楽と深層心理イメージ | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite