人気ブログランキング |

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

自分で自分を救う ~アナと雪の女王

d0065558_20551981.jpg映画の内容にそって書かれているこども向けの絵本 アナと雪の女王をよみました。(以下、ネタバレです)

そうしたら、
私が間違って映画の1シーンを解釈しているのが分かりました。

私は、妹が命をなげうって自分を守ってくれた
妹を愛する 姉の気持ち 
が、アナをよみがえらせた、と思っていたのですが、

自分の事を愛している彼にキスをしてもらって、
自分が助かるよりも
自分が死んでもいいから、姉を助けたい、
愛する姉を守るために、姉に降りかかる剣に身をなげた



その、姉を愛する気持ち  
自分自身が持っている 真に愛する心
が、自分自身の一度は凍り付いて死んでしまった心と体を生き返らせた、というのです。
(GIM 音楽心理療法 では、そんな心のプロセスを行ったりもします)

誰かに愛される事で救われる事も沢山ある。それって本当にステキなことだと思います。

同時に、表面的にではなく ”本質的に”、自分を自分で肯定出来、愛する事ができたら 
 - でも、 ナルシシスティック な感じではなく、ね ー
してあげた、してくれない、と相手のせいに色々したり、相手に振り回されずに
より、ヘルシーな形でお互いをより大切にできるのではないか、と思います。

誰かの存在によってでしか自分を証明したり、支えたり、バランスを保ったり出来なくて、自分は不幸
という風に感じていたら、
うまくいかないこと、モヤモヤすることを必要以上に誰かのせいに無意識にしてしまうことがある。

それって、勿体ないと思う、
自分の大事な人を、自分のせいで、不必要に傷つけたり、その人を遠ざけてしまう事になるから。


アナは、誰かに助けてもらわなくっても、自分で、自分を助ける事ができた。
そもそも、トロールは、王子のキスでしかアナは助からない、とは言ってはいない。
心に刺さった氷を溶かすには、愛が必要、 と言っているだけなのです(絵本によると)。
真実の愛 = 愛する人のキス とステレオタイプに想像してしまうのは、見た人の先入観なのですね。


誰かがいないと幸せになれない
そんな受け身で人生生きるのではなくて、
幸せな自分が、
あるいは、自分で自分が支えられている自分が
相手と一緒に時間を過ごすことで、より幸せな時間を重る
そんなスタンスだと、より自由に、創造的に幸せな時間や関係をつくっていけるんじゃないかな、
と思います。



アメリカ発 幼児のための音楽教育 Music together @ 代々木上原クラス 無料体験 受付中。
マクロビおやつ付き。

音楽とアートを使う心理カウンセリングについてはコチラ
by totoatsuko | 2014-04-21 17:01 | GIM:音楽と深層心理イメージ | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite