人気ブログランキング |

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

徹底的にやる

d0065558_1523247.jpg風の便りで、音楽療法士の友人が引っ越しする、というのを聞いたので、しばらく会えなくなる前に、と思って電話をしました。

最近どうしてるの?

という話から、

篤子さんって、始めたら徹底的にやるよね、
ピアノも、音楽療法もそうだけど、
マクロビにしても、九星気学にしても、、、

新しい事を学び始めたとき、
始めた瞬間から、勉強した知識をつかって、
日常で、臨床で徹底的に実践しながらモノにしようとするひとって、私の周りにはいないよ~

と言われました。
(”徹底的” という言葉は、話した人の主観によって選ばれた言葉であることを、お含みおきください)

そして、
たまに話すと、いつも興味深い事やってる、
とも。

私自身は、何か新しい展開を探してるつもりはなく、手広くやってるつもりもなく、
自分の取り組み方が ”徹底的” という言葉が持っている、
追い込まれたような感覚で取り組んでいるような感覚はなく

これまで積み重ねてきたことを、丁寧に積み重ね続けていく延長線上に、
これまで積み重ねてきたことと深い関連性をもった新たな何かに出会って、
出会ったものに対して、私なりに自分のペースで取り組んで行っている、
という感覚なのですが。

確かに、何かを学び始めたら、
自分なりの感覚で ”ちゃんと” それを理解できないと自分が気持ちが悪い・・・
質問とか疑問がどんどん出てきて、それを消化できずに、
自分的な ”なぁなぁな状態にしたまま” にする、
というのが難しい。

ちゃんと理解してない事に基づいて何かをやることで、
間違った解釈のもとに何かをやって、
結局 中途半端になってしまったり、周りの人に正しくない事を伝えてしまうのは避けたい。

中途半端な状態、
自分がやっている事の全体像が理解できてない状態に長くいるよりも、
生活に及ぼす影響力が大きい事であればあるだけ、
早く、一定の所までは学び、吸収し、実行できるようになりたい。

そして、自分で  ”何が分かっていないか”  が 分かるようになったら、
すこし歩みを緩めて、足りない所を埋めていくための勉強を自分なりのやり方で見つけて行ったり、必要な先生を探しに行ったりしながら、一生かけて深めるつもりで、長期的にじっくりと知識と経験を成熟させていく。


コツコツ 出来ていない自分と向かい合いながら、
コツコツ 地道に練習を、学びを、前に進んでるんだか、どうなのか分からなくても、
ひたすら自分にできることを重ねていく。



でも、この 初期の”スパークしてる時期” を持つことができたのは、
周りの理解があっての事だと心から思います。。

当時の私のレベルで行きたい大学に受かるためには、
一日中、学校を休んででも練習する必要があるんです、と言っても
「それは学校をサボる言い訳」 と言われたり、
「ろくな人間にならない」 と言われたこともあるし、

音楽療法を勉強したい! と言ったときも、
「なにそれ?何の意味あるの?」 と言った人もいるし

マクロビオティックの勉強と実践はじめました、
しばらくは、おいしいと思える味にするのは毎回成功出来ないけれど、努力するのでみまもってね、
と言っても、
「なにそれ?」 「栄養学的に大丈夫なの?」 と言われた事もあるし ←学びの初期のころは、栄養が足りるのか?という質問にたいして、”先生は大丈夫、って言ってたけど” とぼやくしかなかったけど、自分で自分で出来る限りの実践をやってみて 栄養が足りている実感、体調がいいことを自分で実証して、初めて、自分の言葉で、根拠を持って、質問される事に答えられるようになっていきました。

九星気学って、運勢の統計学なんだって、今、勉強してる途中なの、と言っても
「占いって好きじゃない」 って言われた事もあるし ←確かに、昔の私だったらそういってたと思う。でも本当に占いじゃないんですよ・・・宇宙の気の法則の学問であり、それが運勢と結びついているものなのです。

チャクラに対応した クリスタル クルーシブル (クリスタルボウル)の ヒーリングセッションも始めたよ
すごく奥が深いんだ、と言っても
「あやし~」 と言われたことあるし ←こちらも、確かに昔の私でも、そういってたと思う。でもアヤシイものでは全然ないのです。とても私たちの心と体とスピリチュアルに密接したもの。


でも、見守ってくれたり、話を聞いてくれたり、応援してくれた仲間がいたから、

どんなに懐疑的な意見を言われても

学び始めで、自分が理解している事も中途半端で、
自分でも、音楽療法が、グリーフワークが、霊気が、マクロビオティックが、ローフードが、九星気学が一体何なのか
まだまだ分かっていない段階でも、

今自分が興味があって一生懸命取り組んでいる事がどういうものなのか
まだまだ、自分の言葉で相手が納得するように説明できないレベルにいるときでも、

直感で、これは自分に必要なものだ、と確信があった事に対して、
時間をかけて学び続けてこれた 今の自分があるのではないかと思います。

だから、
突拍子もない事のようにみえても、篤子の中ではちゃんと筋が通っているのは分かっているよ
と見守ってくださっている周りの方々に、本当に感謝します。
どんなにか、私の心の安心と、よりどころになっていることか。


得た知識を使って実験・実践を重ねることで 
人として ホリスティックに より熟し続け、周りの人にお返ししていきたい、と思います。
by totoatsuko | 2014-02-08 01:53 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite