人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

Q&A 1:音楽療法士の適正とは?

Q&A 1:音楽療法士の適正とは?_d0065558_5221661.jpg読者の方からの質問に、私なりの考えをかいてみたいと思います。

これらは、あくまでも私見であることをここでお断りします。

***

1.音楽療法士の適正とは何ですか?

こういう人でないと駄目だ、というのはないと思います。
しかし、人間的に成熟していないと自分自身が精神的に疲れてしまうし、深い内容のセッションが出来ません。


例えば、ある人が海辺で丸く固くうずくまってお腹を抱えて痛みをこらえている所を想像してみてください。何がどう痛いのか喋れないほど痛がっている。
そして、あなたはその人のセラピスト。

質問をして、何が痛いのか説明してもらう?
それとも、一緒にその人が望む限り横にずっと座っている?

私は、まず、自分Empathy (共感、自己移入)出来る事がとても大切だと思います。
他人の痛みを同じように感じる事は出来ませんが、それを汲み取る事はできます。
ちなみによくある落とし穴は、自己移入の過程で、なにがクライアントの痛みで、何が自分が抱えている痛みか分からなくなり、自分も心と体のバランスを崩してしまう事。

同じ目線になって感じるために、同じように丸く固くうずくまってお腹を抱えて、体の圧迫感を感じてみるのも、一つの方法。また、自分の個人的な経験の記憶から、その人の痛みを想像するのもひとつ。

でも、ずーっと長い間その人がうずくまったままで、自分の足がしびれてきたら?
いつまでもぐずぐず言っているその人にいいかげん嫌気がさしたら?
海の波が高くなって、そのままいては、自分の身の危険を感じたら?


一方で、その人は、足なんか痺れていないかもしれない、もっともっと泣き続ける事が必要かもしれない、荒波にのまれることなんて、今の痛みにくらべると、全然たいした事じゃないかもしれない。

自分のエゴ、欲求を認識すると同時に、
その人にとってもっとも大切な事を把握し、それにとことん付き合えますか?

それを可能にするには、海の怖さ (例えていうなら、恐ろしいほどの感情のうねり)を知りつつ、その海との付き合い方を知っており、どっしりと構えていられなくてはならない。

その人が、自分なりの道筋、答えを見つける旅に、
たとえその道なりが荒波のなかであろうと、不気味な音につつまれた暗闇の森であろうと、共にその場を共有できる・それが、責任ある療法士であるための条件の一つだと思っています。


それと、もう一つは、音楽が使える事。

アメリカの大学院音楽療法科の入試では、何らかの形で演奏の技術を問われます。音大レベルのものを求めるところもあれば、趣味で楽器(あるいは声)を使えるものでよいところと、様々です。

大学によって、音楽療法の教え方、流派みたいなのが違いますから、詳しい事は、それぞれの大学に問い合わせることをお勧めします。

音楽を道具としてつかって他人とかかわるのですから、なんらかの形で音楽が使えることが必要です。
by totoatsuko | 2005-10-04 00:45 | Q&A | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite