人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

映画 レ・ミゼラブル

山田孝男という評論家が書いている文の一部を以下引用。

この映画は今、猛烈な勢いで観客動員数を伸ばしている。老若男女の涙を絞っている。無償の愛、報われざる徳行が、いつか人を変え、社会を動かすというビクトル・ユゴーの原作の主題が、大震災後の日本人を揺さぶっている。

しかも、物語の背景は復古政治だ。
フランス革命に疲れた民衆は、ナポレオンの帝政と戦乱を経て王政復古に安定を求めたが、うまくいかない。

1814年、ルイ18世が即位したが、時の首相タレーランの言う「なにひとつ(経験に)学ばず、なにひとつ(特権を)忘れぬ」王族の時代錯誤が次の暴動を呼ぶ。「民主党革命」からようやく政権を奪還した自民党にとって、これほど教訓に満ちた史劇はあるまい。

引用終わり。


「なにひとつ(経験に)学ばず、なにひとつ(特権を)忘れぬ」人たち、
いつの時代にも、どこに国にも、会社にも、コミュニティーにも、どの家庭にも存在しうる。


民衆は負けながら社会を動かす・・・。 

沢山の死があって、悲惨な状況になって、全てを失って、絶望し、
その苦しさから何かを学び、あきらず変化を求め続けたら、
やっと少し社会が、何かが変わるのか。


それは、とても悲しいことだけれど、
そうやって行くしかないのかもしれない。

そういう歴史を、もう何千年も人間は繰り返してきたのだから。


見たい、この映画。
by totoatsuko | 2013-01-09 21:08 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite