人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

命のバトン

命のバトン_d0065558_14145752.png先日横浜で行われた リレー for life. 癌のサバイバーたち、ファイターたち、その家族や友人たちの集まり。癌という病がご縁でつながり、励まし、支え、慰めあい、祈りあう、そして、語り合う、そして社会へメッセージを投げかけていく。

それに参加した友人の文章を読んで、改めて、命のことを思う。

みんな、誰だって死ぬ。
でも、自分の大事な大事な人が病と闘わなくてはならない、
あるいは死を目前にして生きているそばで支えていく立場になることはあまりない。

ましてや、自分自身の命が、いつまでもつかわからない、そして、思うようにいかない痛みと付き合い続けなくてはならない、日々を送ることもあまりない。

それは、近所で出会う死や病とは、全く違う意味合いを持って自分にたくさんのものを問いかけてくる。

当事者になったことがないと、”あの気持ち” ”あの日々” はリアルに想像することが難しいと思う。

どうこの目の前の命が展開していくかわからなくなる瞬間、出来事、
死ぬかもしれない、この人との日々を失うかもしれない、と思いながら、前を向いて歩いていく日々。
自分の描いていた明日が、将来が音をたてて崩壊していく、
自分が崩れて、ばらばらになっていくような、
あるいは引き裂かれて血がだらだらと流れて止まらない感覚。


祈っても、祈っても、祈りきれない。
そして、どんなに祈っても、祈りが通じるとは限らない。

私は、命のバトンを渡され、そしていつか、
もしかしたら明日かもしれない命のバトンを仲間たちに渡していく。

切ないですね、

大事な人の、そして自分の命に限りがあることは。
大事な人と、永遠のサヨナラを言わなければならない日をいつか迎えることがあることは。
 
でも、だからこそ、今 を大事に生きようと思うし、
先に逝った人たちのバトンは、思いはしっかり受け継いで生きていこうと思う。


逝ってしまった私の大事なひとたち。
その人達との日々は、会話は私の中で生き続け、私の一部として、私と一緒に生きていく。
by totoatsuko | 2012-09-18 14:21 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite