人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

ひとりきままに美術館めぐり

ひとりきままに美術館めぐり_d0065558_7502572.jpgKidsがいない日の午後、ひとり気ままにぶらりと美術館のハシゴ。

何時までに帰らないといけない、家のことをしなくていけない、という気兼ねがなく、
自分の都合で時間の流れにのっかって過ごすことが出来る、というのは
いまの私にとってなんという贅沢。

東京都美術館 の マウリッツハイス美術館展 と ブリヂストン美術館での ドビュッシー  音楽と美術 

都美術館の展示では、フェルメールとかレンブラントとかの17世紀あたりのものが中心。
その作品が好き、とか嫌い、とかいうよりも、その時代背景とか、その作品に向けられた作家の魂というか情熱というか、思いというか、そういうのを感じながら見ている自分が新鮮でした。

そして上野の森。
東京にもう何年もすんでいるけれど、1人でこんなにきままにぶらぶらと歩いたのは初めてでした。
木がいっぱいあって、生き物がいて、お寺やお稲荷さんもあって、、、いろんな人がいる。
すごくエネルギーとスピリチュアルな気に満ちた場所に感じて、歩いていて気持ちよかったです。

後者の展覧会では、ドビュッシーの視点から語られる、印象派の絵画やブロンズたち。
音楽と詩と絵画の関係。

ドビュッシーは、友人の画家や詩人、
そして彼らの作品からそんなにもインスピレーションをうけて曲をつくっていたとは知りませんでした。

時間を忘れてアートだけやってる、
研究して研鑽して自分の作品を磨いていくことばっかり考えてる、
そんな生活に少し戻りたくなりました。

それはそれで、終わりのない探求なので苦しいのだけど、
少し離れてその世界を垣間見ると、あの緊迫した、がむしゃらな、それでも飢えてる、
そして作っていく、学んで自分が成長していく面白さの過程が懐かしくなります。

展覧会から帰ってきて、静かな家でひとり。

楽譜をひっぱりだしてきて、たどたどしくドビュッシーを弾いて、
自分にがっかりして(長く弾いていないから、ろくに弾けないのは当然なのだけど)

ドビュッシーのCDをかけて、寝っ転がってパリの街並みを思う。

あの光がきらきらと、やわらかい様子。
パリの場末。
フランスの田舎。
フランス文学。
ドガが絵がいた、踊り子たちのバレエスタジオのにおい。
 
そしてドビュッシーの曲と格闘していた自分の音楽学生時代をおもう。

ここ東京ではない、心の世界のどこかを旅する。

アートって素晴らしい。
by totoatsuko | 2012-08-26 22:58 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite