人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

ゆっくり時間が流れた祝日の土曜日

土曜日も、子どもたちはいつも保育園に行っているのですが
先日は、建国記念日の祝日だったので、仕事の予定もいれず、家族とすごしました。

そして、仕事をしなくて、子どもとすごす土曜日はこんなにもゆったり流れるものか、と思いました。
なんだか、とても感動的でした。

そういう風に過ごせるほど、子どもが成長したのだな、と思います。

ゆっくり時間が流れた祝日の土曜日_d0065558_1959394.jpg

(街ではバレンタインの文句や商品があふれていたので、
カカオのかわりに、カフェインのないカカオ風味がする、アメリカではよく見かけるけど日本ではまだあまりに見ないいなご豆を炒ってつくるキャロブ粉とバナナ、豆腐と菜種油、小麦粉、ひまわりの種も混ぜ込んで、ケーキを焼きました。やさしい甘味と香がします。混ぜて焼くだけ☆ 混ぜ作業20分くらい+放置して焼く時間30分で、素早くつくれます。 イチゴとオレンジでデコレーションしたら見栄えも味もよくなりそう。)

2,3年前、子どもたちがみんな乳児・幼児だった頃は、保育園がお休みの日は、恐怖でした。
週末が近づいてくると、心構えていたところがあります。
そして、時間がなかなかすぎなかった。
そして、寝る時間になれば、なにもせずに過ごしたように感じる空虚な一日に疲れ切っている自分がいて、自分のために何かする力がのこっていなくて。

いつも誰かが泣いていて、
おむつとトイレの介助、
ぐっちゃぐちゃになりながらの食事と後片付けと掃除、
着替えや入浴をさせること、隙間の時間の遊びの相手と寝かしつけ、、、
そして夜中に起きて泣く子の対応。


なんだか、こうやって文字にしているだけで
世間で、産後鬱とか、虐待問題がニュースになっているのが分かるような気がしてきます。

それはそれで、自分がいい状態を保つことが出来れば、
あかちゃんとゆっくり流れる時間を楽しむこともできる、 
とてもスペシャルな時期なのですけれど、ね。


今もめいっぱい走っている感じがしますが
数年前に比べたら、やっぱり大変さの質はちがうな~、と振り返ってみて思います。


今は、母親がいる、という事だけで安心して子どもたち同士で遊んでくれるし、大抵のけんかもそれぞれで解決するし、ごはんだって私の介助なして自分で食べてくれる。言葉でのやり取りもできるから、何がしてほしいのか分かるし、それは今すぐは出来ないよ、ということも理解してくれる。やってもらったことに対して、”ありがとう” と感じて、言葉にしてくれることもあるし、私の状況や気持ちも”察っして” 行動することもできるから、本当に助かるし、楽しいね、大変だね、などという気持ちを ”共有” したり、”共感” することもできるから、精神的な支え合いが子ども同士、親子の間でできるようになってきている気がします。

それは、私にとって大きな支えになっていると思います。

そうやって、ゆっくり過ごせた土曜日の次の日の日曜日も、同じように過ごして、子どもの成長を感じ、子どもの”世話係” に終始せず、自分を失わず、自分も楽しみながら子どもと色んな関わりをしながら過ごせるようになったことを嬉しく思いました。 

それと同時に、子どもたちは、このままどんどん成長をつづけ、もっともっと手が離れていく、
その時 さみしぃ~ と思わず、しっかりお世話をやりきった感をもって、 
こんどは見守ること、とか そこに存在するだけで余計な口出しをしないことが出来る自分とか、
子どもにとっての心の拠り所というか、信頼関係というか、
その時に求められる親としてのチャレンジをちゃんと捉えて、向かい合っていきたいな、と思いました。


日々、生活がおびやかされず家族と過ごせ、
人が育っていく過程に、母親として関われることに 改めて感謝。
by totoatsuko | 2012-02-13 15:41 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite