人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

子育てカフェテリアWS報告

日本財団の助成をうけて行われている、子育て中のお母さんむけの アートをつかったWS.
第5回目~8回目は、クレヨンのほかに粘土を使います。
写真は、わたしの作品。 立体なので、見る角度によって見えるものと見えないもの、見え方も違って興味深いです。
子育てカフェテリアWS報告_d0065558_2324173.jpg子育てカフェテリアWS報告_d0065558_23241349.jpg先日は、その粘土セッションの初回。
何人かリピーターの方がいらっしゃるので、出てくる自分も、自分で気づくことにも深みが増しています。

セッションの流れは
まず 自分のアイデンティティー 
(例えば、母親・妻・シングルマム・娘・会社員・学生・地域住民、ファッショニスタ・本の虫、等)
を書き出してもらって、それを粘土であらわしてもらい、
次に、紙の上に粘土を作った配置し、粘土でパーツを足したり、紙に色を足してもらいます。

粘土をさわっている時にかんじていたこと、思っていたこと、
出来上がったものをみての感想 などをグループで話すことで、
様々な視点や、感性を自分に取り入れることにつながります。


「子どもを産む前は、手先をつかっていろんなことをするのがすきだったのに、産んでからは全くやっていないことを思い出しました。久しぶりに優雅な時間がすごせ、これからはこんな時間をもっと大事にしたい、と思いました。」

「子どもの取り扱いかたが分からなくて・・・どう接していいか。
でも、何か 分からなくてもいいんだ、と思えた。」

「先生が、粘土を触る前に ”何かを作ろうと思わなくていい、何かを完成させなくてもいい” と言った言葉がすごく印象的でした。子育てで、きちんとやらねば、と思っている自分がいて、それゆえに色々辛くなって、それで子どもにあたってしまったりして悪循環なのはわかっているのですが・・・ こそだても、ねばならないじゃなくていいんだ、と思えました。」

「子どもとちがって、粘土は思いのままの形になってくれて・・・
こねればこねるほど、あたたたかくなり、やわらかくなり、手になじみ。
たのしかったです。」

「平面のものを重ねたくて、親指でおしていたら、だんだん子どもがいう事を聞かなくて泣き叫んでいたときのことが思い出され、なんで!私の対応の何が悪かったの?! 何が気に入らないの?! という怒りみたいなのを幹事ながら、親指でひたすら粘土を押していました」

などなど。

最期に、それぞれの作品の横にコメント用紙を用意して、参加者全員が、全員の作品に一言づつコメント -例えば作品から受ける印象、感想、気になる点、面白いと思う点、などを書き込みました。


私のには
「私には月や太陽のようにみえます。なので、何か大きな力のようなものを感じました。」
「細いひもの様なものが気になって仕方ない」
「きれいです。いろんな自分を表現できてるんだなぁ、と感じました」
「地球を表しているような印象を受けました、ウサギは自宅でペットとして飼っている?」
「私も地球にみえます。ウサギが気になります。ニコニコしているので、楽しく遊びに来たか、イタズラでもしているのでしょうか。」
「真ん中にあるものは何ですか? どれも動き出しそうです」

と書いてもらいました。


いろいろもらった視点と対話しながら、この作品(自分の何かの象徴)と対話し、自分を知って自分の成長の糧にする。もっと たのしく暮らすヒントにする。 なかなか 楽しいプロセスです。


子育てカフェテリアは、第1・3・5の木曜日10時半~12時@浦安総合福祉センター。参加費500円。
別室にて、カフェテリアと同じ時間に、同時進行で アーティストの高橋 みどりさんによる、こども(未就学児)の造形教室もおこなっています。参加費子ども一人につき1000円。発達が気になる子どもの支援&子育て相談も承っています。
*お申し込み、お問い合わせ
NPO法人発達わんぱく会 TEL:047-704-9411 MAIL: kokko@hwanpaku.org



音と色をつかったカウンセリング・音楽心理療法セッションのご予約はこちら

うつ・虐待・摂食障害・妊娠や結婚・人生の大きな決断をまえに迷ってたり体調を崩されている方・不登校などのお子様をもつ親御さん などのために
by totoatsuko | 2011-07-02 23:40 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite