人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

先の新聞記事に関して、、、おそらく新聞記者の誤解

先の新聞記事に関して、、、おそらく新聞記者の誤解_d0065558_10514257.jpg日本心理臨床学会のホームページに 東北地方太平洋沖地震と心のケアというコ
がありました。

以下に引用しますが、 アートセラピー という言葉は使われていないので、
先に紹介した新聞記事は、臨床心理士会の誤解ではなく、
記者の解釈によって使われた言葉だったのだろうと、思います。

いずれにしても、
お絵かきと、セラピストによって行われるセラピーは違う、
という概念すら 一般の人には広まっていないことからくるミスだとおもうので、
地道に いい仕事をやっていきながら、
アートセラピー、という分野に興味が広まってきたのですから、
わかりやすい言葉で発信していく努力を私たちも重ねていきたいと思います。

以下、引用
《 専門家の方へ 》

被災地に入る援助者は、最低限これだけは憶えておいてください ** 1 ケアは継続できる人が行ってください 継続してケアできない心理援助者(団体)は、被災者への直接支援を行うべきではありま せん。支援をするときは、現地の援助者(心理士・教師など)と一緒に行ってください 。

2 安心感・信頼感のない関係性で被災体験を表現させないでください。恐怖の感情表現を促すこと(災害の絵や作文を描かせる、被災について詳しく話を聞こうとするなど)は安全感・安心感・信頼感のない状況(災害直後、継続してケアできないなど)では、問題があります。被災者に不安を引き起こしておいて、放置すること になりかねないからです。

心のケアのためには、安心感を体験できることが重要です。 また、支援の中で表現活動を用いる際には、子どもたちがぎりぎりで制御している怒 りや不安を噴き出させないように慎重な配慮をしてください。水彩絵の具など未分化な 感情の表出を促進する画材の使用には特に注意してください。制御できない強い感情に 翻弄された体験は、子どもたちの安全感を損ないます。辛い記憶を抱えていても自分で 自由に安心の場に帰ってこれるという感覚を取り戻すことが、トラウマからの回復の重 要な要素です。 一方で、被災体験に伴うさまざまな感情を閉じ込め続けることも、ストレス障害のリ スク因子となります。安全感・安心感・信頼感を育成した関係性と空間のなかで、自分 のペースで、さまざまな気持を表現し、分かち合い、ねぎらいと共感をもって受けとめ てもらう体験は、回復と成長の体験となります。また、このような体験は、語り継ぐ防 災教育につながっていき、次世代の人たちの命を守るメッセージに
も展開していきます 。……



女性のための 音楽と色と声のワークショップ@パークサイド広尾レディースクリニック、参加者募集中。

音と色をつかったカウンセリング・深層心理プロセスのご予約はこちら

うつ・虐待・摂食障害・妊娠や結婚・人生の大きな決断をまえに迷ってたり体調を崩されている方・不登校などのお子様をもつ親御さん などのために
by totoatsuko | 2011-06-19 10:46 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite