人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

フルート サロンコンサート

今回は、ジブリ映画からの曲が中心で、
静かにきく、というよりは、客席エリアから一緒に歌ったり、太鼓をたたいたりしながら歌う
というスタイルになりました。

その中で、唯一しっとりした曲ー
アーティストから送られてきた譜面のなかに、いつでも何度でも、という千と千尋の神隠しからのナンバーもあり、初めて歌詞をちゃんと読みました。たくさんの人を失い、日本という国の形(地形までも!)もかわり、なお苦しみの極限にいる人が、不安な気持ちでみたされたままの人たちが沢山いる。まだ、再生の道が見えないけれど、でも、毎日を大切にいきている。そういうことに対する私の気持ちと、歌詞が共鳴して、歌詞のコピーをコンサートで配りました。

このコンサートを準備するにあたってであった、この曲(いつでも何度でも)が、歌詞が、
震災をうけて、あらためて考え直さされている 生きること・死ぬこと に対する個々人の気持ちのプロセスのためのインスピレーションの一つになれば、と思いました。

そして、フルート伴奏をしながら、この歌詞を歌うなかで、
自分の中の深いふかい「祈り」のような気持ちを感じ、
その祈りを声にのせ、みなと共有し、
はるかかなたの東北へ、つらい思いをしているすべての人へ
そして私たちをみまもってくれている何か分からないbig entityにたいして、
その祈りを送るような気持ちをもちました。

音楽の力って不思議ですね。

ゼロになれる・・・

「いつでも何度でも」


フルート サロンコンサート_d0065558_22393037.jpg 呼んでいる 胸のどこか奥で
 いつも心躍る 夢を見たい
 かなしみは 数えきれないけれど
 その向こうできっと あなたに会える

 繰り返すあやまちの そのたび ひとは
 ただ青い空の 青さを知る
 果てしなく 道は続いて見えるけれど
 この両手は 光を抱ける

 さよならのときの 静かな胸
 ゼロになるからだが 耳をすませる
 生きている不思議 死んでいく不思議
 花も風も街も みんなおなじ


 呼んでいる 胸のどこか奥で
 いつも何度でも 夢を描こう
 かなしみの数を 言い尽くすより
 同じくちびるで そっとうたおう

 閉じていく思い出の そのなかにいつも
 忘れたくない ささやきを聞く
 こなごなに砕かれた 鏡の上にも
 新しい景色が 映される

 はじまりの朝の 静かな窓
 ゼロになるからだ 充たされてゆけ
 海の彼方には もう探さない
 輝くものは いつもここに
 わたしのなかに
 見つけられたから
by totoatsuko | 2011-04-17 22:39 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite