人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

ぼろ布をまとって不幸そうに生きる

ぼろ布をまとって不幸そうに生きる_d0065558_17271662.jpg出る杭は打たれる

何か目立ったこと
人と違うこと
慣習とは違うこと

それは、水に石を投げ波紋を起こす。

石を投げる、ということは
素敵な化学反応が起きて、もっと もっと 色んな新しい事、
楽しいこと 発展の変化の可能性のあることを産んだり、つながっていったりできる。。

でも、妬みや嫉妬、
変化への強い抵抗と戦いだって 生む。

ステキな人と触れ合った時
あこがれ、や 感動 という自分の情動が喚起されて、
自分がもっとステキになれる、もっと人生をたのしめるインスピレーションにすることができる。

一方で、
きっとそんなものにお金を使って無駄遣い! とか
きっと自分の功績をみせびらかしたくて、あんな振る舞いをしてる、むかつく とか

自分の中の 嫉妬 というよりは、もっと奥深い ジェラス が、
自分が持ってないものを、当たり前のようにまとっていたり、こなしていたり、ふるまっているのをみることで刺激され、

自分とは違うその人を攻撃したり、
否定したり、
引きづり落としたくなったり、
抹殺したくなる心理がある。

あの人のせいで、自分は迷惑こうむってる。
あの人のせいで、自分の仕事が増えてる。
あの人のために、自分は我慢してる。

意識化されていない、悲しい自分のジェラスが、
その負の情念が、
卑劣ないじめや、いじわる、暴行や暴言につながることがある。

「持ってる服の中で一番ボロイ服を来て、不幸そうな表情をして町を歩いたら、誰にもねたまれないよ。
もしかしたら、親切にされるかもしれない」

そういうアドバイスをきいたことがある。
たぶん、正しい。
みすぼらしく、下出に出た態度は
相手に優越感を喚起はするが、ねたまれはしない。

でも、私は思う。
自分を偽って、、、というか、偽ってはいないのかもしれないけど、
まぁ、 その 素 の自分を ぼろ布で覆えば、攻撃は減るかもしれないけれど

素の自分で 思いつく沢山のアイデアや、おいしいご飯や、ステキな生き生きとした時間、楽しい気持ちをそのまま表情にだすことで、沢山の人に幸せが分けてあげられて、沢山の人と一緒に幸せを分かち合える人生のほうが、私はいいな、と思う。

幸せそうにしていること、周りとは違うこと、新しいとみなされる事を試みることが、
例え、ひどい誹謗中傷をうけようとも。

ぼろ布をまとって、真の自分を出さずにいきていたら、
あるいは、周りに気に入るような服をきて、気に入るような行動を求めてやっていたら、
真の自分と心からつながれる友達なんてできない。

でも、キラキラするものを惜しみなく自分の歩く後ろに落としながら、
温かいものを体からオーラのように発しながら生きていたら、
その石が綺麗、と思ってくれる人
そのオーラがここちよい暖かさ、と感じる人 とつながれて
誹謗中傷やひどい攻撃をうけたって、崩れ落ちずに、でも変に攻撃的にならずに

大地にきっちり足をふんばって、乗り越えていけることができる。
そして、受けた傷は、きっと仲間の支えの中で、どんどんキラキラしたものに変えていけるはず。
(キラキラしたものって、特別なものだけである必要ではなくて、
ただその人がその人であるだけで、、、誠実さとか熱意とか、光に反射するものだと思っています。
まがいもののキラキラ もあるけれど・・・)

たぶん、そんな気持ちのスタンスの人だったら、
そんなにステキなものをいっぱい持っている人だったら、
たとえぼろ布をまとったって、そのぼろ布を輝かせることができる、
というか、そんな表面にまとったボロ布では隠し切れない・消し切れない 
目には見えない、
でも心の目には見える、
強くて厚みがあってしっかりした輝きを、ボロ布を通り越して放ってしまうような気がする。


音楽と色を使ったカウンセリング・ホームページ
by totoatsuko | 2011-01-20 12:05 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite