人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

隠された日記 1

隠された日記 1_d0065558_15111365.jpgフランス映画。
「隠された日記」

女性3代、祖母、母、娘の葛藤。

祖父の年代。
まだ女性が働くことが、現代ほど一般化していなかった時代。
仕立て屋を営む夫のお店にでて一緒にきりもりしたい妻。
英語を習いにいって、それを子供達に教えていたら、近所の主婦のうわさになっている(お宅の奥さん、 ヒソヒソ ヒソヒソ)、自分の仕事の妨害をするのはやめて、いい奥さんをやってくれ、俺のために英語を習いに行くのはやめてくれ、という夫。

まだカメラが高価なものの時代に、写真を習いに行って、写真を撮る楽しさに目覚め、子供達の写真をとっていたら、怒ってカメラを壊して、いい加減にしろ、と怒鳴った夫。

妻は主婦で、自分の仕立てた洋服を着て、昼間は家で主婦たちを招いてお茶会をし、いい設備を整えられた台所で料理をきちんとつくり、子供の世話をする、というのを妻に望む夫。

そんな夫に、対等に口がきけない? 聞かせてもらえない妻。
傍からみたら、いつも綺麗な洋服をきていて、ステキな家があって、裕福な暮らしをしていて、何不自由なくくらせているように見えていたであろう彼女。

しかし、いろんなことに興味があって、働きたくてウズウズしていた彼女にとっては、
息ぐるしくて、息ぐるしくて、死にそうな毎日で、

でも、夫は、その気持ちを汲み取ることが出来ず、
家で家のことをしているだけの主婦を妻に求め続ける。

妻は、その気持ちを誰にも話せず、家族のために作る料理のレシピを書いたノートに書き綴られている。

もう 家を出よう。
子供達と離れるのは つらい。
ごめんね、ママを許して、でも このままでは みんな幸せになれない。

そんな気持ちを 抱えながらくらす日々

ある日、自分の銀行口座を持っていたことが夫にバレて、
「もういい!出て行け」 と言われる。
折りしも 荷物をまとめて 家を自らでていこう、と思っていたその日だった。

荷物を取りにいくこともできず、思いをつづった日記も引き出しの中にしまったまま、
ハンドバックひとつで、彼女は家を去った、子供達に別れを告げることも出来ないまま
でていけ、と言われて、そのまま。

父親は、子供達に「お母さんは家を出て行った」 とだけ言い、母親のものは全て燃やした。
自分が出て行け、と言ったことも、
自分が妻から自由を奪い、自分の理想の妻を演じるこを強いていた、ということも
子供達には、死ぬまで伝えなかった。

子供達は、母親に捨てられた、と思って育ち、自らも子供を育てた。
しかし、祖母の娘は、誰にも言っていない問いを抱え続けていた。

お母さんがいなくなった日。
学校から帰ってきたら、お母さんがいなかった。
寝ているのかと思い寝室にいったら、スーツケースがあり荷物がまとめられていた。
その夜遅く、父親は泥酔して、泥まみれで帰ってきた。
翌朝、母親のものは全てもやされ、母親を探しに出かけたが、なぜか父親は警察に届けなかった。

祖父が亡くなっている以上、真相は分からない
でも、祖母は祖父に殺されたのかもしれない、
祖父が
「お母さんが、自分とお前達を自ら捨てて家を出た。
夫婦間は何も問題がなく、あんなにも大事にしてあげていたのに。」と嘘をついていた、
という新たな視点が、日記と過去の記憶から、編み出されていく。

祖母の孫娘、母親の娘が、偶然 祖母の日記を見つけたことから、様々なことが紐とかれていく。
母は、自分を捨てたのではない。
自分は、母親に捨てられた子供ではない。

大好きだった母が失踪してから数十年以上背負ってきた重圧、疑いの心、人に話したくない気持ちが、
祖母の老年にさしかかった娘と息子の中で溶けはじめる。


自分の周りのオクサンは、みんな主婦をして家族の世話をすることで満足しているのに、
自分の妻は、それだけでは飽き足らず、働きたい、だの英語や写真を習いたいだの言ってくる。
それが許せなくて、そんな妻の気持ちが理解できなくて、妻が家庭にもち帰ってくる新しい風が許せなくて、
「自分のオンナ」なはずなのに、主婦というものは、妻というものは、家で飼っているペット?みたいな存在であるはずなのに、自分の妻は、自分の意思をもっている、自分のやりたいことが家庭の外にもある、

そんなの許せない!
世間体が保てない!

そんな、古い時代に生きた時代の犠牲者?のような祖父の気持ちも、察することが出来る。

周りにはいない、新しい事にオープンな妻が持ち帰る新鮮な風を一緒に楽しめたらよかったのに。
そうしたら、仕立て屋としても、あたらしいデザインのアイデアにつながったかもしれないのに。

でも、そう出来ない心理というのは、それはそれで存在する。
新しい風がちっとも心地よくなくて、むしろ暴風雨のように感じて、自分のアイデンティティーが壊されるような、自分の価値が否定されるように感じてしまったら、妻のクリエーティビティーは脅威にしか感じられないのだと思う。

妻を飼いならしているのが男のステータス、というのが時代で、その時代の価値観に自分も飲み込まれていたら、時代にそぐわないことをする、自分をご主人様、と犬のようにあがめない妻を持つことは、自分のアイデンティティーの脅威だ。例え、妻が夫をないがしろにしたくて自分の意思を持とうとしていたのではなくてもね。

時代とか、近所のうわさ から離れ
妻と向かい合い、
時代や夫が求めるままの妻を演じているのではない
まわりとは何か違う自分の妻の心の美しさを見出すことが出来たら
その時代には類まれない女性が自分の家族であることに対して
否定 や 抹殺 ではなく
もっと もっと 違うかかわり方、楽しみかたがあったであろうに、と思う。


そして、最後まで自分の子供達に真実を伝えられなかった祖父。
お母さんはこんなにクリエーティビティーにあふれてた
お母さんはこんなにも子供のことを思っていた
お母さんは自分が追い出した、自分がお母さんのただの主婦ではいたくない、
という気持ちを受け止めることが出来なかったから

そう伝えられなかったゆえに、
お母さんの失踪の真実をお父さんが偽造したストーリーで納得したふりをしなくてはならなかった子供達は苦しむ。


今の時代ですら、女性はこうあるべき、というのは根深くある。(もちろん、女性だけでなく、様々なことに対して、一般的にはこういわれてるから、こうあるべき、と考える人は多い)

一般論は、一般論として存在する。
でも、私は毎日の暮らしの中では、今目の前にいる相手、取り組んでいるものごと、と関わるとき
その対象を、一般論という色眼鏡でみず、ちゃんと自分の目でみて、対話をして相手を知り、自分で考えながら、自分で感じながら関係を築いていったり、プロジェクトを作っていきたい。

自分が何かを決めるとき、意見を言うとき、
誰かが~言ってるから、こうするのが常識だから、
ではなく、
自分がこう感じるから、自分がこういう風に考えるから、言う、行動する。

様々な価値観やアイデアをオープンに吸収しながら、消化し、クリエーティブに自分を発展させながら、その時その時の自分の言動は自分が決めてやっているのだという自負とそれに対する責任を持って生きていきたい。

あら、、、隠された日記とは、随分違うところに落ち着いてしまいました。
次回は、祖母の娘の視点で、映画の感想を書いてみたいと思います。

では~。
by totoatsuko | 2010-11-30 14:55 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite