人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

虐待関係・両者の思い込み

虐待をするほうも、され続けているほうも

自分が加害者である、
自分が被害者である、

と、まったく自覚していない、

仮に、誰かに指摘されても、
自分はそうじゃない、

と、「加害者も、被害者」も、「心から思えてしまう」


という事実は、ほんとうに恐ろしいことだ。
ほんとうに、おそろしいことが起こっているのに。


でも、自分たちはちがう、という強い勘違い?が維持されているから、
その虐待関係というのは、お互いによって続けられていくし、
世代を超えて受け継がれていくのだと思う。


加害者には、加害者と似た価値観や心理状況の人がいたり、
そもそも、そういう言動をはぐくんできた成育環境や親との関係があるから、
被害者が、「私は被害者。こんなに辛い思いをさせられている」 と仮に騒いでも、

それくらいのこと、あたりまえ、 とか
たいしたことじゃない、 とか
しつけだ、とか
騒ぐほうが おかしい とか
騒がれて 自分を人に悪くいわれて、自分が被害者

等、あたりまえのような顔をして言う。

仮に、目の前で相手が血を流していても、涙を流していても。

そして、そういう風にもっともらしくいわれたら、被害者は、
自分が感じていることは おかしいんじゃないか?
自分のがまんがたりないからなのか?
自分が発狂しそうになっている、というのは 嘘なのか?
大丈夫・私、

って、全然大丈夫じゃないのに、
自分の辛さを、自分で否定して、
心理的・肉体的・性的暴力の中に身をおき続けることを、自らえらんでしまう。
(その結果、溜め込んだ辛さ、悲しさ、怒りを子供や他のパートナーに無意識に、あるいは衝動的にあてつけ、加害者になるパターンも)


それは、self-esteemが低い人とか、
相手に精神的に頼っていたり、共依存の関係だったりしなくても、
その人が、しっかりした信念を持った人でも、
虐待関係に入り込んでしまっている場合、自分で自分の感覚を否定して、加害者の言い分を自分に言い聞かせてしまうのだから、、、 虐待関係、というのは本当に、怖い。


そもそも被害者は、二人の関係をバラしたら、相手にどうされるかわからない、というような自覚していない恐怖によって、自分が関係の中で経験してきたことを人に話さない場合が多いので、虐待関係と気づきにくいし、その関係からは抜けにくい。そして、仮に誰かと話しても、例えば、被害者体質に育つにあたって多大な影響をあたえているであろう親兄弟などに相談しても、「あなたが悪いのよ、もっとがまんすべき」 という言葉が帰ってくることが多く、自分を助けてくれると思っている人にそういわれたら、自分が悪いのか、と思ってしまい、また被害者の道へまっしぐらにもどってしまうこともあるし、

客観的に状況をみることができる友人などがいて、
それはおかしな関係だ、辛い、とおもっているのは間違っていない、と
自分が感じている感情を肯定してくれる人にであってもなお、

自分自身で、それを否定してしまう場合もあるし、
そうだよね、 と、サポートしてくれる人に力をもらって、
精神的にサポートしてもらって、
自分をこれ以上傷つけないために、関係を絶つ・距離をおく選択を勇気を持って出いくことができる場合もある。

でも、普通の感覚では想像できないほど、それは勇気がいることなのだ。
だって、距離をおく、となると
加害者は、猛烈に攻撃してきたり、非難してくるから。

辛いけれど恒常的に攻撃されてるほうが、一回のダメージは少ない。
猛攻撃が恐ろしくて、足がすくんで、距離がおけないパターンも沢山ある。
恐怖が自覚できているなら、まだいい。

もう、つらすぎて、「自分の感情を殺して」しまって、
ほんとうは、心はすごい恐怖をかんじているのに、何もかんじずに、攻撃下になされるがままに自分を丸投げしてしまい、再生不可能なまでに心をころしてしまい、 そして 肉体も殺されてしまうかもしれない。
その結果、PTSD,ポスト トラウマティック ディスオーダー という、実際の攻撃は過去のものになっているのに、あるいは今現在攻撃されていないのに、精神状態・身体状態に症状がでてくる。恐怖が植えつけられてしまっているのだ。


たとえ、このままの状況にいては、自分だけではなくて、子供たちも心がやられてしまう、と分かっていても。
大事な子供たちを守りたい、と思っていても、怖くて動けないのだ。
そして、子供たちを奪った、
お前は加害者だ、
と狂乱して攻め立てられるのを想像したら、
それだけで震えがとまらなってしまうこともあるのだ。

DVの被害者用のシェルターがわざわざ存在するように、
そして、逃亡に成功した場合は、決して住所を教えない、というのが鉄則であるように、
ほんとうにストーカー並に血眼になって追いかけてくるし、
見つけたら、ただじゃすまされない。


加害者も被害者も、人に指摘されても、なかなか自覚できない。
ほんとうに残念だけど、そう。
セッションまで来てくれる人は、自覚があって、どうにかしたい、という人だから、
その人の心が、ありのままでいることができる、そういう生き方は何か、一緒に探していけるけど、

プライベートで、そういう話を誰かがしていても、
本人に自覚がない場合が多いし、
理論的に考えて、それっておかしくない? と言っても、
うん、まあね~、 という反応を経験したこともあって、すごくもどかしい経験をしあこともある。


だから、少しでも「これって、おかしい?」 って自分で思えた人がいたら、
その芽が踏み潰されないうちに、プロフェッショナルなサポートにつなげることが出来たら、と思う。

これくらいは、辛いけど、大丈夫、
こういうのは、あたりまえの会話、ちょっとあのときは言い過ぎた・やりすぎたけど、
と本人が言っていても、
自分が思っていても、

傍からみたら、全然マトモじゃない場合ってある。

ああ、何とかならないんだろうか・・・・
by totoatsuko | 2010-09-06 15:50 | Comments(4)
Commented at 2010-09-10 00:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by totoatsuko at 2010-09-12 02:50
一緒に涙をながして聞いてくれる、気持ちをうけとめてくれるAmyさんの存在は、ご友人にとって、命のつなであるくらい、大事な存在かもしれませんね。ご友人がほんとうに、辛い状況を生きられている、とお察しします。

ご友人としては、、、ご自身も一緒に心に負担を抱え込まないこと、彼女を、彼女自身と子供たちのために、専門家の助けを借りにいくよう促し、サポートすること、 しかできないと思います。

虐待されている立場の人は、専門家に会いに行くことをアドバイスされても、なかなか行動に移せない場合が多いです。そんなところに行ったというのがバレたらどうしよう、とか、そこまで深刻な状況じゃない、とか、いろいろ自分で自分を制御してしまう。 

言葉と態度の暴力って、直接的には体に傷を作らないから、証明しにくくて、その悲惨な状態が、なかなか周囲に分かってもらえない。そのもどかしさがすごく分かります。例えば、蹴られて、骨折したら、その状況を説明すれば、少なくとも医者の証明書は簡単に手に入り、それを人にみせれば、すぐ分かってくれる。
Commented by totoatsuko at 2010-09-12 02:50

友人として沢山の事ができないのは、とてももどかしいと思うのですが、彼女や、そのカップルがかかえている問題は、素人にはとても抱えきれるものではない、うっかりすると、関係ない人もその負のエネルギーに飲まれてしまう、というのが現実で、共倒れになっては意味がないですから。

ご友人と、お子様たちに、平穏な日々がおとずれますように。
Commented at 2010-09-12 13:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite