人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

母を訪ねて三千里

ユングは、心理プロセスで起こる心の状態の変遷の普遍性を、神話やおとぎ話の中に見出した。神話やおとぎ話で繰り返し扱われるテーマは、人間の心が時代を超えてかかえているテーマなのだ。

言い換えれば、今自分がどんな神話を生きているのかをセラピーでプロセスすることにより、自分の過去や現在をよりよく理解することに繋がる。

例えば自分にとってはサポーティブではなかった親をもち、精神的に辛い幼少時代を過ごした主人公が、青年期以降に真の親を探しに行く旅に出る、というテーマはおとぎ話しによく出てくる。

旅に出るには、自分は幼少時代辛かった、自分の親は自分にとって有害だった、というのに、少しでも気づかなければならない。無意識のレベルで気づく、というのでもいい。とにかく気づく。問題意識を持つ。それが、自分を心の旅へ、自分が新たに生まれ変わる旅へと駆り立てる。

自分の親が自分にとって有害だった、と少しでも気づくのは辛いことだ。
虐待する親をもった子供ですら、自分の親は自分を愛してくれている、くれていた、と信じている人だっている。私たちは明日程度の年齢になるまで、ご飯を与えてくれて、身の回りの世話をしてくれる人がいなければ、生きていけない。だから、その人が他にどんな仕打ちを自分にしようとも、その人は自分を愛してくれている、と自分に言い聞かせ、感情を殺して、その人にすがって生き延びるしか命をつなぐ方法はないのだ。

仮に、何かこの関係はおかしいんじゃないか、と気づき、その関係から離れよう、逃げよう、としても、執拗に追いかけられ、非難され、もっとひどく虐待されることもあり、もっと辛い心理状態に追いやられるので、気づいたことをかき消し、引き続き感情を殺して生きる道を選択してしまう。


自分の母親は、自分にとってどういうアーキタイプ(物事の普遍的なものを象徴するシンボル・イメージ)だったのか?ものすごく強い母性をもち、それが時には子供をカオスへと取り込んでしまうゼウスの妻、ヘラ 的な存在だったのか?それとも、生殖と豊穣の神アフロディーテのように、永遠の恋人タイプ -一つのところにとどまらず母性とは無縁の女性だったのか? ギリシア神話だけではない。 ヒンドゥーや仏教の神にもアーキタイプは見出せる。そして、それら神々の人生の中にも、自分の人生を見出すことができる。

自分の父親もしかり。 ゼウス? ポセイドン? ツキヨミ? e.t.c.

自分の親が自分が必要としているもの、いたものを与えてくれない存在だったら・・・
探しに行けばいい、自分にとって親のような存在の人を。
それは実在の人物でないかもしれないが、必要な愛をサポートを指針を示してくれる象徴的な存在。
それは辛くて遠い遠い道のりになるかもしれない。
でもきっとみつかる。
音楽心理療法・GIM-Guided Imagery and Music のイメージの中でクライアント達が見つけていくのを見てきたから、そう言える。

ーGIMのトレーニングでは、自分はどの神が象徴的にもっている要素に当てはまるか?というエクササイズもやりました。この作業を通して、神々の性質を学んでいくのだけれど、結構面白かったです。
by totoatsuko | 2010-02-26 04:54 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite