人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

ライフスタイルを変えるつもりはない

0歳児の子供がしょっちゅう下痢してたり、熱あったり、日常的に抗生物質を摂取しているのをみて、0歳から薬漬けかぁ、なんだかなぁ、、、、としみじみ思った今日。食事を変えれば、病気にもかかりにくくなって保育園も仕事も休まなくていいし、子供の機嫌はよくなるから手がかからなくなるし、お互いの精神安定するし、薬だって与えなくてよくなるのに。マクロビオティックな生活をしている私の視点からは、体に酷なものを食べて病気になって薬をのんで、という循環はやるせない、と思うが、人にはそれぞれの生き方があるので、病気しながら、薬を日常的に摂取しながら生きるのも、尊重したい。

アトピーの人で、アトピーが治ればいいな、と思いなが症状が悪化したときにステロイド塗ってその時その時を対処して乗り継いでいっている人も、食事変えればアトピーとさよならできるのに、とマクロビオティック的には思うけど、その視点はあくまでもマクロビオティック。

最近、はっと気づいて個人的には目からウロコだったのは、食事を変えてまでアトピーを治したいとは思わない、そういうのは「積極的」に望んでいない、むしろ拒否している、という信念・生き方があるのだ、という事。確かにアトピー症状はなくなってほしいけど、食べたいものを我慢してまで・ライフスタイルや食のスタイルを変えてまで治したいとは全く思っていのだ、ということ。、いままでの食生活は維持しながら薬で対処療法をしながら、薬による副作用や内蔵への負担、体内に蓄積された薬毒が次世代の子供の体質にも持ち越され、子供も同じ症状・あるいはもっとそれより重い症状を患うかもしれない、という事実を見込んでもなお、一生アトピーとそういう形で付き合っていく、という生き方をしたい、と思っているのだな。

それに気づくと、何かがストンとおちてすっきりした。
アトピーや糖尿病、生理痛、など慢性症状がある人は、なにがなんでも不都合で不快な症状から開放されたい、と望んでいるのだと思っていたのは、私の思い込みだった。

それは、目からウロコだった。そういう生き方を積極的に選んでいるのだから、それがその人の生き方のポリシーなのだから、尊重するべきだと思った。だから、食事を変えたらその症状は治るよ、次世代への影響を最小限にとどめられるよ、と言うことは、ナンセンスで、その人にとても失礼なことなのだと気づいた。

食事スタイルを変える、というのは多かれ少なかれ痛みを伴う。
周りからはなんで? という反応をされたり、自分の体のニーズと記憶のニーズ(今まで食べてきたものでもたらされた楽しい時間、なつかしい味など)が対立して心が引き裂かれるような思いだったり。食事を変える=さみしい食卓・楽しくない食生活・ひいては周りからわがままと見られたくない、などという不安や根拠のない偏見があるのかもしれない。
食事を変えたことはなくても、そういうことが起こるんじゃないか、という自分の思いや仮想を無意識的に察知して、この痛みを乗り越えてまで症状を和らげたいとは思わない、一生症状とつきあうことになってでも、次世代に悪影響を与えることになっても、心は痛めず薬で対処していきながらたい、という心理も一部あるのではないか、と察する。
by totoatsuko | 2009-12-02 22:53 | Comments(2)
Commented by Namster at 2009-12-05 18:39 x
一言で言い切れない問題かなぁと思います。

私は小さい頃から蓄膿症(遺伝だと思う)で、それこそ両親は色んなものを試してくれました。ハーブとか、薬でないものをたくさんです。食事療法もしたりしました。食事の時間はいつも家族一緒で楽しかったですよ。でも病院もあちこち連れて行ってもらいました。なるべく薬を使わないようにするために。それでもやっぱり治らない事もあると思う。薬に頼らないといけない事もありました。(膿が脳に入っちゃうと危なかったり、色々な理由で。)プールとか、本当はいけないんです。でも学校に行っていて、その活動に参加しないというのとてんびんに掛けると、プールに入るって事を選択しました。(ちなみにプールはあまり好きではないですが・・・)。だからバランスなんだと、私は思うんです。薬はできれば摂りたくないです。でも今も最低限の薬を使います。
Commented by Namster at 2009-12-05 18:40 x
すみません。続きです。


努力する方向が分からない人もいますよね。それで良いんじゃないけど、どういうChoiceがあるのかすら分からない。生理痛も激しいので、昔からよく倒れたりしました。これが良い!と聞いては試してみて、失敗して、の繰り返しでしたね・・・。豆乳にしてみたり、漢方を使ったり、お腹を暖めてみたり、ヨガをしたり。希望を持って、1年試しても効かなくてがっかり・・・その繰り返しです。未だに。今度GIMで探ってみようかしら。

そんな感じで自分のバランスポイントを探している私です。
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite