人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

人生になげやりな態度が腹立たしい。だって?

ニュースで、
路上生活をしていた女性が、好きな男性の子供でないから、という理由で路上で出産後そのまま遺棄・
その罪を問われた裁判で、裁判官と女性のやりとり。

「子供が生まれたときにどう感じたか」「母親との10年ぶりの再会で何を思ったか」。
弁護人、検察官、裁判官が同様の質問を繰り返したが、彼女の答えはともに、「ちょっとびっくりした」。母親としての責任感や親子の情愛の有無についての問いかけは空回りした。

就職を促す両親との衝突から家出し風俗店に勤務し友人との共同生活後、失職などにより路上生活を開始。町中で男性に声をかけ、食事や宿泊場所の提供を受けた。「当日まで妊娠に気づかなかった」とも。逮捕後の面会で母親と10年ぶりの面会を果たしたが、今後の仕事や生活については「何も話し合っていません」。

裁判官は、彼女の人生になげやりな態度が腹立たしい、といらだちをあらわにしたそうだけれども、
人生なげやらないと生きて来れなかった彼女の心の方に私の心は耳を傾けたくなった。

当日まで妊娠に気づかなかった訳ないじゃない。
子供を生むことが、ちょっとびっくりな体験な訳ないじゃない。
産むのって、大変なことなのよ。

言葉を額面通り受け取ってたら、彼女の壷。
そうやって無意識に相手の心をかき乱すのが、彼女の過去の人間関係を生き抜く常套手段であったと思うから。

ただ、そういう返答しか出来ない彼女の心は、裁判の世界でも誰にも慮(おもんばか)られないのか・

どんだけ彼女が怒りや悲しみを抱えて、押し殺して生きてきたか。
一つのかけがえのない生命を遺棄するしか選べないくらい、きっと彼女の心はいっぱいいっぱいなのに、誰一人として彼女の心に寄り添い、耳を傾け、ありのままの彼女を見ようとするう人は存在しないし、彼女を否定しさげすむ人間がさらに増えてしまった、というのは身を焼かれるほど辛い話しだ。

もちろん、遺棄すること自体も、ひどく悲しく切なくいけない事だと思う。
一人のかけがえのない命が失われているのだ。
彼女をかばいたいのではない。

ただ、裁判官らと彼女の問答を読んだ時、裁判官いらだちには私の心は共感することができず、むしろ彼女の心のやるせなさが、空虚な彼女の応答から強く心に響いた。
by totoatsuko | 2009-11-26 23:32 | Comments(1)
Commented by saya at 2009-11-30 16:57 x
“生き抜くための常套手段”なるほどなぁと思いました。司法の人間がそのような質問をするのもある立場からの大切な質問だと思いますが、被告の閉ざしてしまった心を解きほぐすようなケアが行われていたら、また違ったものになったのかなと思いました。こういうケアのシステム、犯罪レベルの話じゃなくても必要なはず。もっと色んな場所で普及したらいいのに…。
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite