人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

Smiley mam ー笑顔のお母さん

子供のいる音楽療法士の友達と話していて
「子供が変な踊りをやっているのを見てすんごい私がウケてゲラゲラ笑ったら、もっとエスカレートさせてやるんだよその踊りを。そうやって子供って、お母さんの笑顔みたさに頑張るんだよね。」

というフレーズが心に残った。
そう、そういう事実は知っている。
子供はいつも親の肯定、ポジティブな反応や暖かいまなざしを無意識に、意識的に探している。

もっと自分の子供にも意識して、一緒にいて嬉しい・楽しいよ、という感情を大きな笑顔や言葉の抑揚で伝えよう! と思った。

全く親が無反応だったり、虐待的な反応だったり、表面的な反応しか示すことができなかったら、子供の心はとても不安定になる。小さな子供にとっては、親の肯定的な反応は心身の栄養剤、心と体が成長するには不可欠な「ごはん」なのだ。

例えば、何をしても虐待を受けたり、批判的なコメントや表情しか親から帰ってこない環境で育った子供は、「世界はそういうものだ」 とインプットしてしまい、自分の心や体は痛いとおもっているのに、そういう反応を求めてしまうようになることがある。 

あるいは、セクシュアルアビュースを親から受けていて、本能的には吐き気がするほど嫌なのに、
親が、そういう歪な形ででも自分を求め、自分を必要としてくれている、と子供は感じ、
親に嫌だと言えず、自分が嫌な思いをすることが、自虐的行為が、自己肯定だとーひいては自分が求めているものだと間違ってインプットしてしまう。

「すごいじゃない」「いいじゃない」と微笑みかけられるのは気持悪くて、自分が頑張ったことに対して暴力や批判されるのが心地いい、と感じてしまう。

味としては客観的には大しておいしくなくても、おふくろの味だったり懐かしい味だったら、美味しいかどうか、というのは別にして、馴染みなるものを欲する心理と似ている。

Smiley mam
親子間の事件をよく聞きますが、心から笑える笑顔のお母さん、増えたらいいな。

そのためには、お母さん自身の心のわだかまりを何とかする必要があるかもしれないし、行政や夫や親戚や友人や地域などからの心理的サポートがある、お母さんが周りから肯定されてる、と感じられる事が不可欠だと思います。

お母さん自身が自己肯定できなかったら、無意識に親の姿を自分に取り入れ、モデルとして見て育つ子供もそれを受け継いでしまいがちだから・・・お母さんが嬉しいことをするのは良くない、毎日はつらいものであらねばならない、と無意識に思っていたら、子供だってそれを受け継ぐのだ。 頭で考えたら、そんなことない、と思うかもしれないけれど、実際そういうことが受け継がれていっているのを、音楽心理療法・GIMをやっていると日常茶飯事にみうけられる。

最後に、、、
この投稿の中の「お母さん」は「お父さん」にも置き換えて読んでみてください。
by totoatsuko | 2009-11-23 13:29 | Comments(1)
Commented by Nozomi at 2009-11-24 01:04 x
ふふふ。今日も笑顔で過ごせましたか?
まだ、全部は読めていないんだけれど、このブログ、とってもステキ!!
今度、再会したら、絶対にあなたをHUGしまくっちゃいたいくらいうれしくなるブログです!!

誰かと真摯に向き合うことは、つまり自分とも真摯に向き合っているっていうことでしょう?それって、セラピストとしては、必ずしなくてはいけないことだ、と思うけど、でも実はとっても大変な作業だと思うから、コツコツとそうやっているtotoatsukoさんのブログを見つけて、幸せ気分です。

明日から、足しげく通っていろいろ読んじゃいますよ♪


line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite