カウンセリング@代々木上原・音楽療法・心理療法 GIM

totoatsuko.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

グリーフのプロセスは個人的に行われるもの

d0065558_16072466.jpg妻を病で失って、今の自分の気持ちとか、子供がどうした、とかをブログに逐一載せる。
このブログを書くことだけが今は心の拠り所

というセリフを読んだ。

みんなが読んでくれてるブログをアップデートすることが拠り所って、なんか不幸中の不幸。
有名人で読んでくれる人がいるが故に拠り所にできてしまうのだろうけど 
世間なんて、他人様。気まぐれで無責任で、もしかしたら自分を気分によっては攻撃してくる可能性がある他人様を拠り所にしなくちゃいけないって・・・

誰かも知らない人に向けて自分の気持ちを書く
そして、良くも悪くも大量のフィードバックを受ける

そういう作業は、
自分の辛さから目を背ける助けにはなるかもしれないけど




辛く悲しい別れから学び、糧にし、自分らしい新しい一歩を作り出していく過程であるグリーフのプロセス というのは 
もっともっと個人的なもので
ブログなんかには書ききれない 
言葉なんかで消化しきれないものだと
多くの人のグリーフプロセスをセラピストとして寄り添ってきて
そして、自分自身の個人的なグリーフプロセスを歩いてみて
そう思う。

彼が 本当に必要なプロセスを体験する機会がもてることを祈っています。



幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

1 http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/  「根底から揺さぶられるような強い衝撃、味わったことのない胸の痛み、溢れ出す涙」

2 http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/  「苦しいものを自らが生み出して自らを苦しめていた。過去からの体験と、そこから生まれる妄想で。」

3 http://totoatsuko.exblog.jp/23651769/ 「カウンセリングは、ある時が来たら、人は皆、受けた方が良いのではないかな?」

4 http://totoatsuko.exblog.jp/24593584/ 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い」


[PR]
by totoatsuko | 2017-06-30 16:20 | Comments(0)

随分変わったのよ

d0065558_15351568.jpgお喋りをしていて
話を聞いていて、色々大変そうだな、と思いながらその人の話をきいていて
ところで音楽心理療法の仕事してるんですよね それって面白そう、と話をふられたので

深層心理のところまで降りていって
いろんな気づきを得ることで、今までの価値観とか世界観とかものすごく変わったり
相手との関わり方とか 付き合う相手の種類まで変わったりする

というようなことを、ざっくりと手短に話したら

あ〜、あの人も随分変わったんですよ〜
年取ると人間ってほんと変わりますよね 色々学ぶしね

という感じの返しがきて、なんだか肩透かしを食らった感じでした。

そもそも 音楽心理療法なんかに興味がなかったけどただ話振っただけだったんだろうな などと思いつつ
(そんな配慮して下さらなくていいし、そういう希薄なやり取りは個人的には好きではない)

個人的には、
そうですよね〜 そうとう変わられたんですね〜 
年齢重ねて人生重ねて色々乗り越えてこられたんですね〜
でも、今でもか・な・りこじらせ女子な感じですけどね〜 
辛そうなエネルギーを感じます

と、、、心の中で。

これは私の主観に過ぎないので、余計な御世話なのですが

音楽心理療法、サイコセラピー で起こる変化って 他のやり方では体験できない深いもの、
ましてや、一般的な加齢に伴い得た経験による思考、感情、態度の変化とは根本的に種類が違うもの。


興味がないのにサイコセラピーのセッションに行っても なんの得にもならない。

ただ私が主観的に、音楽心理療法をプロセスが その人の今の私からみたらすごく困ってそうな状況を根本的に変えることができそうだ、
と感じていた時に、音楽心理療法の力を借りなくても十分変化した、私大丈夫、というニュアンスの返答をきいて、
その結果 私の心に生じた 肩透かしだった心の感覚 が印象的でした。

本人が大丈夫 っていうんなら 私は何もいうことはない。
親切の押し売りほどうざったいものはない。

自分の主観的な感覚は、自分特有の受け止め方を連鎖してその人の生き方を生んでいくのだな、と思う。

幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

1 http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/  「根底から揺さぶられるような強い衝撃、味わったことのない胸の痛み、溢れ出す涙」

2 http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/  「苦しいものを自らが生み出して自らを苦しめていた。過去からの体験と、そこから生まれる妄想で。」

3 http://totoatsuko.exblog.jp/23651769/ 「カウンセリングは、ある時が来たら、人は皆、受けた方が良いのではないかな?」

4 http://totoatsuko.exblog.jp/24593584/ 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い」







[PR]
by totoatsuko | 2017-06-30 15:49 | Comments(0)

「あなたはあなた」 だけど一人じゃない

d0065558_15261416.jpgこれは、あるこども向けのサマーキャンプのパンフレットに書いてあった言葉で いいな、と思った。

みんな意見が違う
違っていい
違うから、と言って仲間はずれにならない。

私と違うあなたがいるから
ぶつかることもあるけど
一緒にいて刺激になる 楽しい

一緒じゃなくていい
同じじゃなくていい

あなたはあなたでハッピーで
私は私らしくあることでハッピー



あなたがあなたの人生を自分らしく生きていてハッピーだと 私もハッピー
そんなあなたを応援したい 見守りたい 話を聞きたい 仲間に混ぜて欲しい
私も、あなたとおんなじ人間じゃないけど、自分のやり方で充実してる
いいな、って思うところがあったら一緒にやろう 
無理に同調してくれなくていいし
嘘ついて機嫌とってくれなくてもいい


あなたが私に同調してくれないと 私 楽しくない
私はあなたの誘いがないと動けない

じゃない。

子供の頃に
いろんな人と触れ合って
色々びっくりしたり 腹が立ったり 喧嘩したり 仲直りしたり

家族 という心も体も価値観的にも帰る場所がある中で
ガチで 素で 他人(家族に対するような甘えは通じない)とぶつかり合える経験って かけがえがない と思う。


幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

1 http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/  「根底から揺さぶられるような強い衝撃、味わったことのない胸の痛み、溢れ出す涙」

2 http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/  「苦しいものを自らが生み出して自らを苦しめていた。過去からの体験と、そこから生まれる妄想で。」

3 http://totoatsuko.exblog.jp/23651769/ 「カウンセリングは、ある時が来たら、人は皆、受けた方が良いのではないかな?」

4 http://totoatsuko.exblog.jp/24593584/ 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い」





[PR]
by totoatsuko | 2017-06-30 15:26 | Comments(0)

いつでも生き方の方向性は変えられる

d0065558_17173820.jpgジャパンタイムスを読んでいたら

ブラッド・ビットが最近のインタビューでセラピーを受けていることについて話していた。

離婚騒動。
その事実から目をそらさず、
自分の正当さを法廷で主張するために相手の負を血眼になって探して攻撃して、その醜態を子供達に見せつけるのではない方法を選び、自分自身が、この最悪な出来事から学び、この後同じことを繰り返さず、より良い生き方をするきっかけにしているのだな、
と感じた。(こんなことになってしまう前にセラピーに行けたらよかったのだろうけれど、、、それは今言っても意味がないこと。こんなことになっても、自分を省みない人もいるのだし。)

以下、インタビューの一部の意訳です。


結婚するときに、お酒を飲みすぎること以外は全てやめた。

だけど自分のその飲酒癖のせいで家族との関係を台無しにしてしまった事に気付いた。
だからセラピーに行ってお酒をやめ 自分の気持ちと向かい合う方法を学んでいる。
それは自分が過去に教えられた ”ただ向かい合えばいいんだよ” というアプローチとは違う方法だ。
半年経った今、私は指先に再び感覚が戻ってきた。そのことについてとても嬉しく思う。
(略)
ブラッドはもう自分自身を俳優である、と定義しない。なぜなら、俳優業は彼にとって些細な事だから。
映画はリアルで重たい感情を体験することができる手軽な方法だ。
だが、特に父親である、という事を体験するには、映画という手段はもはや私にとっては助けにならない。

以下、インタビューの一部を抜粋
“It’s just become a problem. And I’m really happy it’s been half a year now, which is bittersweet, but I’ve got my feelings in my fingertips again.”

Pitt also said he’s learning to face his feelings despite his upbringing, where he was taught to “just deal with it.”

He no longer defines himself as an actor, he said, as it takes up so little of his time and focus.

“Film feels like a cheap pass for me, as a way to get at those hard feelings. It doesn’t work anymore, especially being a dad,” he said.



幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

1 http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/  「根底から揺さぶられるような強い衝撃、味わったことのない胸の痛み、溢れ出す涙」

2 http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/  「苦しいものを自らが生み出して自らを苦しめていた。過去からの体験と、そこから生まれる妄想で。」

3 http://totoatsuko.exblog.jp/23651769/ 「カウンセリングは、ある時が来たら、人は皆、受けた方が良いのではないかな?」

4 http://totoatsuko.exblog.jp/24593584/ 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い」



[PR]
by totoatsuko | 2017-06-28 17:18 | Comments(0)

音楽心理療法体験談4 自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い

d0065558_14362713.jpg
許可をいただいてご本人が自身のSNSにアップした音楽心理療法の体験談シェアします。


表題の 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって跳び込むの怖い」

というのはとても的を得ていると感じます。多くの人が、初めて ”深層心理を扱う類の” セラピー、カウンセリングプロセスをやろう、と決める時には、同じように感じていると思います。 


行ってどうなるの? って。

薄毛が治る、体重が減る、欲しいものが自分のものになる、みたいな、誰が見ても分かる結果に向かって行うものではないから、そう感じて当然。

ましてや、慰めてもらう、とか、気分良くしてもらう、類の誰かになんとかしてもらえるものではなく、自分でワークしないといけないから。

結構心の体力を消耗する。気休めや気分転換として利用するにはそぐわないサービスだと思います。

彼女の最初の3セッションの間隔は、1年以上、あるいは半年以上あいています。


セラピーのプロセスを深めるには、以前の投稿にも書いたように、一定期間2〜4週間以内のスパンで通う必要があるのですが、

彼女はたまにセッションにきて何をしたいんだろうか?と思っていました。

3セッション目に、そのことについて掘り下げて話をすることができ、彼女は以下のように言いました。


本当のところは、本質的なところから変わりたい、と思ってる。

けれど、セッションを1回受けたら、毎回なんかよくなった”気がして”、”通う” 必然性を感じなかった。

セッションを終えたらもう自分は大丈夫、って感じられたから。

でも、今篤子さんと話していて、自分は気休めなことをして治った気に自分をさせようとしていただけなのかも。

なぜなら、今でも本質的には自分のパターンみたいなのは何も変わってないから。


この対話をした後から、彼女は定期的にセッションに来初め、

9セッション目 (定期的に来始めて7回目)を終えて今彼女が思っていることを以下のように書いてくれました。


=====

篤子さんのセラピーを受けています。

セラピーは奥深いです。

セラピーの内容はその日によって違います。
篤子さんとお話してから、音楽を聴きながらマンダラを描く日もあれば、即興する日もあるし、

楽な姿勢で目を瞑って音楽を聴きながら頭の中に浮かぶイメージ(感覚や感情)をみる日もあります。


どんな内容の日も、言葉では表現しにくかったものを、マンダラとか即興とかイメージで自分で表現して、え!こんなこと思ってたの?とか、これってこういう意味かもしれない! って気づいて、セラピーが終わる頃には言葉でも表現しているなって思います。


自分を知っていくって面白いです。


篤子さんのセラピーを受けて、まだなんとなくだけど、自分の感情を置き去りにして目を背けることがどういうことか、

どんな感情も受けとめて向き合うって難しいんだなってことが、わかってきたような気がしています。
もっと自分を知って、どんな感情でもしっかり感じながら生きていけるくらい、軸というか自分を支えるものが自分の中で大きく育てば、

きっと自律神経も整って、なりたい自分に近づけるんじゃないかなと思います。


今のなりたい自分は、眠れて食べられて伝えられる自分です。
当たり前のことでしょって自分でも思うけど、出来ないのが今の自分です。

自分から変わろうとするのは勇気も覚悟もいるし、そこに時間もお金もかけようと思えることって少ないです。


資格取得やダイエットなら時間もお金も惜しまずできても、自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって跳び込むの怖いです。

今は何か治したい、変わりたい、助けてって時に、色々な方法を選べるのだから、自分が信じられるものに手を伸ばせばいいんだって、

手を伸ばして掴んだ後から気づくって遅過ぎかもしれないけど、気づけて良かったと思います。


セラピーを受けなかったら絶対に気づけなかったことだから、

わたしは1人でも大丈夫、自分が生きやすいものを1人でも選べるって自信が生まれるまで、篤子さんのセラピーを受けたいです。


生きやすいって

楽できるって訳じゃなくて、自分が納得のいく方を選べて、それから時間がたった後も良かったなって思える生き方です。


(終)


幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。



音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   

個人セッションの体験談↓

1 http://totoatsuko.exblog.jp/15128616/  「根底から揺さぶられるような強い衝撃、味わったことのない胸の痛み、溢れ出す涙」

2 http://totoatsuko.exblog.jp/23631344/  「苦しいものを自らが生み出して自らを苦しめていた。過去からの体験と、そこから生まれる妄想で。」

3 http://totoatsuko.exblog.jp/23651769/ 「カウンセリングは、ある時が来たら、人は皆、受けた方が良いのではないかな?」

4 http://totoatsuko.exblog.jp/24593584/ 「自分のためだけに実態のないところに向かうセラピーって飛び込むのは怖い」


[PR]
by totoatsuko | 2017-06-23 13:47 | Comments(0)

Music together 2017年 夏学期 代々木上原クラス

d0065558_13181212.jpgMusic together 2017年 夏学期 代々木上原クラスの日程詳細が決まりました。
場所:代々木上原駅付近
日時:日曜日 10時半~ 各回45分セッション 
(日程の詳細は以下)計7回

1学期 参加費:16000円 
8か月以上のご兄弟 13000円 
(夏学期の教材1家庭1セット、マクロビ スナック付き)

初日:7月2日
最終日:8月27日

注)今期は少しイレギュラーな日にちと時間があります。
上記の期間でお休みの日曜日 7月9日、8月13日。
7月23日(日)、8月6日(日)の時間は16時~。



お問い合わせ・無料体験 お申込みは letsmusicingATgmail.com 灘田 まで。
(ATを@に置き換えてください)

Music together について過去の記事
単発ではなく学期を通して参加する理由

私が娘と参加したmusic together体験感想文

music together がいい! と思う理由

Music Together本部のHP



幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ  
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。



音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   


[PR]
by totoatsuko | 2017-06-18 13:18 | Comments(0)

つながらないと意味がない

d0065558_10355640.jpgつながらないと意味がない、
というのは言い過ぎだし誤解を招く言葉の選択だとは思いますが、そのフレーズが最近頭の中を浮遊しているのであえて。
その大事な”繋げる” というプロセスは、音楽心理療法でできるんじゃないか、というのも、うろうろ思っているところ。

ピラティスの動きを練習していて
身体中に筋肉と骨があるのに、”繋がってない” から、自分の体を思うように動かせなかったのだ、

身体意識と体自体の感覚がピラティスの動きを練習することで変わってきて、
必要な筋肉を連動させ、必要でない筋肉を使わない、という選択ができたら無理なく体が動いてくる、
という体験をした。

筋力がないのではない
必要な筋肉が連動してなかったから、不必要な筋肉を無意識に使って自分の動きを邪魔していたからワークしていなかっただけのだ、と。

巷では、物事を一面的, 表面的に受け取る傾向にあると感じる。
それだけでわかった気になったり、それだけの知識で攻撃のネタにしたり。
残念なことだ。

筋トレは、体を鍛える
コーヒーはカラダにいい
占いで運気を上げる
音楽をやることで子供の頭脳と情緒の豊かさを生み出す

などなど、カラダにいい、感情にいい、〜にいい、とされるものはたくさんあるのだけど、
音楽を子供のころに習ってたからって、人としてマトモになる導きをしてくれるわけじゃないし
コーヒーが何かのリスクを減らしても、その他に自分の体に良くないものを食べ続けたらトータルで意味がない
占いを拠り所にしている人でも心は不安だらけだったりする。

単発や単体で何かに取り組んで、その”作業だけ”やっても、生き方自体は変わりにくい。
取り入れた”良い要素”の効力が自分に対して発揮するためには、
そこに どうして健康になりたいか、
どうして情緒豊かで頭脳明晰な子にしたいか

表に出てきている自分の衝動や欲求を束ねている深いところに何があるかしれば、いろんなことが繋がってくる。

甘いものは体に良くないらしい
どうして? 〜だから
じゃぁ、砂糖も添加物と同じ? 添加物って何?・・・

例えば、マクロビに食生活を変える過程で、いろんな疑問が生じ、マクロビに関わる人や本や場所などに新たに出会って、
自分が感じて、考えて、世界を広げ耕していったら
マクロビにとどまらないもっと別の世界に出会い、そのまた別の世界に出会い、と連鎖反応が起きていって、
マクロビを始める前とは全く異なる人との付き合いや思考、嗜好に変わっていく。

音楽をやっていても、技術や表現はとても上手くなって、
演奏している時に必要なmultiple task, 同時に聞く、見る、感んじる、という作業ができても
そのスキルを対人関係の中や、家事を行う時にいかせるかは、全く別の話だ。
演奏家として訓練したスキルを、日常に利用できるようにするためには 繋げる、apply する別の作業がないと
音楽のスキルは演奏している時だけにとどまる。

気学鑑定を受けて、自分の当面の懸念事項がうまく対処できても
陰陽五行思想や、成功とはなにか、自分は本質的にどのように生きたいのか、という所に興味が繋がり発展していかない場合は
その場しのぎの雑誌の後ろの方にのってる占いに毛が生えた域にとどまる。ただ、気学をよりよく知って生き、それを自分の一部として取り込んでいく過程が生まれると、気学にとどまらない、例えば、マクロビオティックの陰陽五行思想にコネクトしたりして、マクロビオティックも取り入れていくことになるかもしれない。

つながらないと意味がなくはない。
マクロビオティックに食事を変えて体調が良くなったり、気分が良くなった、というのは感動的な経験だと思う。
音楽を学ぶ事で、素晴らしい体験をすることができる。
気学は、思っても見ない解決法や物の見方を提示してくれたりする。

だけど、
食への興味と実践を通して、自分の体の使い方のクセについて考え始めたり
食を通して、自分の自分の心との向かい合い方に問題意識を持ち始めたり
食を通して、人との関わり方、自分の感情反応をパターンを考え始めたりして
より良い自分の状態になるために、いろんなことを”繋げて捉えたり感じたりできるようになる”と、
効率よく、多面的にアプローチできるようになる。

よくなりたいから
食を変えたり、ピラティスをやったり、気学にくる、音楽を習う などなど いろんな”自分にとっていい” と思うことを人はやっている。
だったら、その取り組んでいることを ”起点” ”視点” ”ベース”にして、
自分の ”心” と対話をして、
本質的に自分が良くなる、自分が楽になる、より豊かに生きる自分へ変容していく道へと発展すれば、と思う。

ただ一人でやるのは難しい。
だから心理療法で、自分が今持っているもの、興味を持っていることをベースに自分の世界観について取り組んでいくと、
全く異なる感覚で自分の変容を体験していく。



幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ 
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   




[PR]
by totoatsuko | 2017-06-07 10:36 | Comments(0)

どうしたらイライラせずにすむか?


d0065558_10050252.jpgあの人のこういうところが嫌 あの態度を見るとムカつく生活していると、自分の気持ちを逆なでする人や環境や出来事がたくさんある。「どうやったらかわせられるんだろう?どうやったら そういうものから逃れられるのだろう?」自分が動いて かわす という戦法だととても疲れそう。自分が嫌な状況は不意にやってくる。

いつくるか身構えて警戒しておく という戦法だと生きているだけで消耗しそう。ある意味、それを避ける事、が意識の大部分を占めていることになる。もっと楽に生きられないだろうか?自分が ”そういうこと” ”そういう人”を”気にしない”自分になったら自分は楽なはず。 

気にしない、気にしない、と自分に言い聞かせてる状態ではなくて、本当に気にならないスタンスの自分。

凄く嫌で、腹が立ったり、それらの感情によって自分の行動を選んでいる状態は、相手の挑発?関わり方? = フックのサイズや形状に、自分のフックがパーフェクトマッチして、ぐっと引っ張られて、振り回されている状態、というイメージ。自分はフックを意図的に差し出していないけど、フックは常に体から突き出ている感じだから、向こうからフックが来たら嫌がなんでも意思に反して引っ張られる。

自分から突き出てるフックがなくなれば、フックに引っかからず振り回されない。逃げる必要もない、そもそもフックがなければ、引っかからないから。

サイコセラピーでは、相手とどう付き合うか、というよりも自分はどういう状態なのか、という視点でプロセスを深める。そうすると、自分を悩ましている、自分で自分を不幸な気持ちにしているものを取り払い、異なる感覚の自分に生まれ変わっていくプロセスにつながっていく。


幼児のための音楽クラス Music Together @ 代々木上原 無料体験 受付中。詳細はコチラ 
マクロビおやつ付き。お問合せは letsmusicingATgmail.com (ATを@に置き換えてください)迄。


音楽とアートを使う 心理療法・カウンセリング Guided Imagery and Music (GIM) session についてはコチラ   


[PR]
by totoatsuko | 2017-06-05 10:19 | Comments(0)
line

音楽療法士(GIM)のつれづれ


by totoatsuko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite